子供を助ける霊。

川沿いの田舎道を一人で運転していた時の話です。
私は、メールの返事をしたくて、道路脇に車を停めました。

その時に、ふと目線が川の方にいき、
昨日雨が降り、茶色く増水した川の浅瀬で遊ぶ、
4歳と6歳くらいの男の子ふたりが目に入ったのです。

二人の足元の水は、膝下くらいの高さで、
ふたりは水の感触に夢中で、私は危ないと思い、
親が傍にいる?と周りを見ました。

その川は田舎の整備されていない川で、
川沿いには、ススキの葉の様な、背の高い葉が
生い茂っている箇所があり、

その長い葉は子供を挟む様に、両脇に茂っていて、
親がいても、視界に入らなさそうな死角になっていました。

その瞬間、川に対して垂直に茂る長い葉の表面に、
子供がいる川を挟んで両脇の両方に、
一人ずつの半透明な女性の顔だけが浮かび上がってきたのです。
年齢は、二人共中学生1年生位で、

私は、瞬間、妖怪の様だなと思いました。
行者の世界では亡者(もうじゃ)と言うのですが、
生きていない人がすーっと姿を現すというのは、
その時の気持ちにもよるのかもしれないですが、
この時の私は少しの不気味さを感じました。

そして、その二人の女の子は、全身の姿になり、
生きている人の様に見える感じになると、
川の中の男の子の傍に行き、

私は離れていて会話は聞こえてないんですが、
女の子達は、男の子に話しかけ、
『危ないからこっちに来て、』と
川から出そうとしているのが、分かるんですね、

ふらふらする男の子達の体を支えて、
二人を川沿いまで導くと、
草の中に、バスケットボールより少し大きな、
ウルトラマンのキャラクターの様な竜の人形のおもちゃが
置いてあり、
それを女の子は指さして、それで遊ぶ様に促しました。

クリックすると見れます↓
こんなの。

男の子達は、川べりから、
そのおもちゃの人形を初めて見た様子で大喜びで、
私は、あ、これで大丈夫だと思いました。

その瞬間、私の耳元で声が聞こえました。
静かで優しい女性の声で、
『私達のおもちゃは、
現世には持っていけないんですけどね。』
って。

男の子達は、川から出て、私の視界からは、
長い葉の茂る死角に入り見えなくなり、 
女性の姿もなくなっていました。
私は子供を助ける霊を見て、声を聞いたのです。

あのおもちゃの人形は、霊達が、子供の気を引く為に
置いたもので、この世のものでは無かったのです。

世の中には、霊といえば、怖い心霊話として
話される事の方が多い様に思います。
訳が分からない現象を、人は怖いと捉える方が多い様に私は感じています。

今年の夏、怖い心霊番組を見た事があるんですが、
現れた高齢の女性(霊)の事を、老婆と呼び、
何倍も気持ち悪く感じる様に表現していて、
私は複雑な気持ちになりました。
(・・・先に書いた様に、私も気持ち悪がる方ですが、
一人でそう感じる事と、人に誇張して良くない様に広げて話す事は違うと思うのです。)

この世にある霊の話、不思議な現象って、
生きている人の良い話と悪い話の割合と同じで、
ずっと良い話の方が多いと思うんですよ。

時折、私はこういう体験をする事がありますが、
ずっと視えている人でも、霊といつでも会話できる人ではないです。
修行の途中、話せた時もありましたが、
霊と関わる事は心身の疲労と消耗が大きく、
その負荷がかからない今になったのです。
師匠は、神仏の加護のお陰だと言っていましたが、
そうなんだと思います。

私が考え込んで止まっている時、
たまーにですが、周りからは想像できない内容な時があります。

私も不思議なんですよ。
世の中には、別の世界も存在している事が。

写真は、伊勢神宮で撮った私の師匠です↓
blog_import_500474295ed0f.jpg
クリックでページに飛びます(照)
★オンライン・歓音セラピー受付してます。
明石・歓音セラピー受付してます♪(現在は兵庫県在住の方限定)
主催者さん募集中です。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio(6/3から予約再開)
(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ

PC版♪→ 人気ブログランキングへ

100万円のドアのつづき③

自分の描きためた絵を見ていると思うのです。
深みのある絵だなと思う絵程、
私は起き上がるのがやっとな瀕死の状態で描いているのです。
その絵を自分で、見て、
自分はこういう絵が描けるから、大丈夫だと思っている事もありました。
これは絵に希望的な何かを描けるという意味で、です。

人生の中で色々な心境になる事、体調の良い時、悪い時もありますが、
それぞれ、そこにいないと知り得ない、それがあるから、
これからが構築される何かがあるんだと今の私は思っています。

私の人生の中にあった辛く悲しい経験や体験、
その中での私の想い。
その時があったからこそ、
私にとって良かった時間が持てたのは確かです。

色々を、忘れようとして頑張った時期もあるんですよ、
無かった事にしたかった事も沢山あります。でもね、
出来なかったんですよね。

気楽になるはずが凄い違和感で、
それが、自分が大切にしたい考え方や、
生き方じゃないって分かってしまうんです。

自分にとって悲しかった事、大変な想いをした事を、
時に、視点を変えて誤魔化す事や、無かった様にする事も、
自分の心が壊れる事や、自死を防ぐ為には必要だと私は思っています。

大変な事というのは、私自身は買ってまで、する事では無いと思います。
無ければ無いで良いと思うんです。
でも私は、そういう事があったから今の自分なんだなと
思えるんですよ。

そこから貰ったものは大事にしたいです。

私の人生の中の長い闘病生活、病、災害、人の死、修行中の色々、
そのポイントだけ見て、
物凄く不幸だと言う事はできると思います。
ですが、それが違うと教えてくれたのは、
私以外の人でした。

心から感謝しているのです。
私に言葉や心をくれた全ての方に。
そんな人で私は在りたいです。

・・・今の私が好きなのは、可愛い形かな♪
キラキラしていると尚好きです♪
根本は変わらないですが、女性らしい可愛いものが好きな今生ですよ♪♪♪
IMG_7986.jpg
クリックでページに飛びます(照)
★オンライン・歓音セラピー受付してます。
明石・歓音セラピー受付してます♪(現在は兵庫県在住の方限定)
主催者さん募集中です。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio(6/3から予約再開)
(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ

PC版♪→ 人気ブログランキングへ

100万円のドアのつづき②

当時は、描いたものをすぐに誰かに
プレゼントしていたのですが、それでも更に多く描き続けていたのです。

退院すると共に、その精神世界の様な夢は見なくなり、
それから師匠に出会い、僧侶になり、
また全然違う感じの見えない存在が
話しかけてくる様になり、その方は、
リアルな人の様に、現実味ある言葉を使う方なんですが、
(今は、必要時に一方的に聞こえる位です)

守ってくれている方々というのは、それぞれに、その時その時に、
必要な方が前面に出て、関わってくれるんだなと、
思っている今ですよ。

・・・思い出しました。
師匠亡き後、私が水面下行者活動(余命宣告を受けた方の願いを叶える行動)
をしている時、依頼の方(余命宣告を受けている方)が私と出会ってから、
その方からのメールの言葉遣いが急に、

入院中に夢の中で私に話しかけていた見えない世界の誰かの
独特な変わった言葉遣いを使う様になり、
依頼の方が『この言葉遣いが今の私のマイブームなんですよ♪』って
いうのを私は読んで、
『そっか、そっちに行っているんだな』って、一人で思っていたのです。

私の特徴ですが、私は僧侶で見えない世界に関しても、
師匠に教わり、修行の中、神仏の存在に大変にありがたい気持ちを持つ反面、
普通の女性としての、ごくごく普通の現実目線の心も持ち、
その考えでの反応を普段はするのです(心の声的な)

読む本に関しては、病院内にある談話室にあった、カウンセラー、心理、ドキュメント系の本、
特に印象に残っているのは最初に手にした
『シーラという子』という本でした。

それにしても(笑)
鍵ばかりの絵を書いている人がいたら、
その人にとってそれは一体何?って気になりますよね(*^^*)
入院して突然そうなったのです。

これは私自身の前世でのお守りの文字なんですよ(*^^*)
私が以前に自分で思っていた、ドアを開く鍵とは意味合いが全く違い、
ある時代のその国(私の前世で生きていた場所)では、
その形自体に神聖な意味を持つ、
仏教で例えると、梵字みたいなものだったのです。

梵字とは

鍵の形にそっくりな模様があるんです(*^^*)
入院して、その形を描きたくなり、
鍵を描き続けていたんですよ。

この記事では鍵の絵の紹介ですが、鳥の絵も多く、
私の作るお守りアクセサリー(ワイヤーアートでの)は
この鳥の羽がルーツになっています。

この鳥は、タイで見かける事ができる神聖な存在(創造上の生き物)で、
私はサギの様な形をずっと絵に描いていましたが、その存在は水鳥なので、
人の記憶とは、不思議なものです。
タイ旅行時に見つけたその象徴↓
IMG_3906.jpg
ルーツの詳細記事はこちら↓
尼さん♪タイ旅行記②  ワット ポー

つづく

クリックでページに飛びます(照)
★オンライン・歓音セラピー受付してます。
明石・歓音セラピー受付してます♪(現在は兵庫県在住の方限定)
主催者さん募集中です。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio(6/3から予約再開)
(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ

PC版♪→ 人気ブログランキングへ

100万円のドアのつづき①

私が入院した時から、急に見えない世界の方からの何かが始まりました。
毎晩、夢の中で、精神世界の心理テストの様に、
何を選択する事が正しい未来に繋がるか、という事や、
自分のこれからの示し、人の道理、
大事なものを見る目を勉強していき、
私は夢の中に、とても独特な変わった言葉遣いの誰かがいて、
その存在が教えてくれているみたいだと思っている日々があったのです。

そして、私の話す夢の内容は現実と、とてもリンクしていたのです。

カウンセリングに定期的に回診に来てくれるS医師は、
毎回私の目をまっすぐ見て、聞いてくれました。

私の生まれながらの体質の事を本当に打ち明けたのは、
S医師が初めてで、
『僕はそういう世界があるって思う。』って言ってくれたのです。

入院ベッドのスペースの頭の上部には、大き目のコルク板があり、
自分で、治療予定表や、日課などの紙を貼る事が出来たのですが、
当時瀕死の状態から、蘇えった私は急に覚醒して、
起きている間の読み書き、何かを作る。が止まらなくなりました。

絵に関しては、私は自分の人生や生き方の象徴の
『鍵・羽(鳥)・愛』の絵をハガキサイズの紙に
描いては飾り
往診に来る先生や、お見舞いに来てくれる人が
私の部屋だけ感じが違うので、目をパチクリさせていたのを
思い出します(笑)
鍵の絵がズラーッと並んでいたら、ビックリしますよね(笑)

私はコルクボードの幅からはみ出して、
針金でフレームを作り、紐で繋いで、
私の周りを沢山の絵で飾っていたのです。

ほんの一部をご紹介↓(とっても枚数が多いですよ♪)

私はこの時は、自分が僧侶になるとは思っていなかったのですが、
宗教的な絵もよく描いていたのです。
IMG_7993.jpg
絵はハガキサイズの紙に何百枚と描いています。
IMG_7990.jpg
とにかく入院中は、鍵を描いていました。
IMG_7997.jpg
色鉛筆で描いてます。
IMG_8005.jpg
ある種のゾーンみたいな中に入っていて、
入院中は、描いたり読んだり、作ったり
何かをし続けていました。
IMG_8007.jpg
重要な短い言葉、というのがよく頭に浮かんで、
それをモチーフに絵を描いていました。
IMG_8009.jpg
鍵の頭の部分は、何故かこのひし形の形
IMG_8016.jpg
2ヶ月の入院中、針金(モール)でもこの鍵の形を作り、
新しいドアを開ける御守りだと私は言って、色んな方にプレゼントしていました。
これも100個以上は作ったと思います。
(全部プレゼントしました)
IMG_0661.jpg
没頭して鍵を描き続ける日々・・・
IMG_8017.jpg
鍵を描きたくて手が止まりませんでした。
IMG_8013.jpg
鍵の形はこの形♪
IMG_8039.jpg
何を描いても鍵は描く♪
IMG_8037.jpg
灰色の色鉛筆をよく使っていました。
そうすると、深みが出て好きなのです。
ラメのりも使ってキラキラさせたり♪
IMG_8033.jpg
一日に5枚くらい描く日もありました。
IMG_8032.jpg
これは絵手紙用の持ち歩きができる小さい絵の具セットで描いた分です
IMG_8036.jpg
そして、鳥も沢山描き、たまに蛇も描きました。
IMG_8025.jpg
鳥はサギの様な体形のが多いです。
006 (2)
鍵と鳥とハート♪
この絵はインスタグラムにアップする時に、
切り取った形なっています(照)
030.jpg
蛇は白蛇ばかり描いていました。
002.jpg
十字架も多く、どこか宗教的な感じの絵も多いです。
IMG_8011.jpg
希望的な絵
001 (5)
当時の私は鍵の事を、次のドアを開ける鍵だと思っていました。
希望の象徴みたいな、
IMG_8022.jpg
この絵葉書達を自分の入院ベッドスペースに針金でフレームを作り、
自分のぐるり、沢山飾っていました。
IMG_8020.jpg
私のベッドスペースを見る人は、今思えば、
みんな目を見開いていました(笑)
IMG_8024.jpg
どんだけ頭の中を鍵が占めてるねん。っていう絵を
描き続けていました。
IMG_7999.jpg
今思えば、当時の周りの人は不思議だっただろうなと、
IMG_8001.jpg
今の私はその理由を話せますが、当時は
なんでそうなっているのか分かりませんでした。
IMG_8029.jpg
そんな話の続きを次の記事で書きたいと思います。
IMG_8003.jpg

つづく

クリックでページに飛びます(照)
★オンライン・歓音セラピー受付してます。
明石・歓音セラピー受付してます♪(現在は兵庫県在住の方限定)
主催者さん募集中です。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio(6/3から予約再開)
(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ

PC版♪→ 人気ブログランキングへ

100万円のドア。

オンラインで歓音セラピーをさせて頂いた方(T子さん)との話です。
歓音セラピーさせて頂いた晩、
私は夢を見たのです。

こういう事はごく稀にあって、
伝えた方が良いと思ったら、
メールさせて頂いています。

人生は時に、今がどうなんだろうと、不安げに思う事があります。
誰にでもあり、その時の長さも人それぞれだと思うんですが、

そんな内容も絡む話をさせて頂いて、その晩の話です、
深夜3時頃、私は目を覚ましました。目がバチっと覚めて、
起き上がってしばらくテレビを見たのです。
私は普段、こんな風に目覚め、テレビを見る事は無いです。

そして、再度眠りにつくと夢を見ました。
内容は↓

人は次の場所への扉を開いて、次に進んでいきますが、
(人生のイメージです)
Tさんは、とても歴史ある立派な扉を持っていて、
ビジュアルで説明すると、Tさんの背後に、立派な扉が存在しているのです。
hgjygygygygy.png
とても立派な一本の円柱形の木を縦に切ったものを、
別の木で横につないでいて、表面は、綺麗にやすり掛けされて、
ツヤのある、なめらかな表面で、
色はブランデーの様な薄茶色で、
表面上の木の緩やかな丸みを上手に使って、
(樹齢でいうと何百年以上のものを縦割りにして使っている感じの凄い大木。
幅はMAX40センチくらいかな)
上から見た断面図の感じ↓
ui8uoiu9ip9ip9okokpokpokpokokpokokpokpokopkojpijoihji.png
その扉の持ち主はT子さんなんですが、
その扉を開ける前に、私に『この扉を売ってしまおうか?』と聞いているんです。
その扉の名前は『100万円のドア』だと、
私は認識していて、

扉も立派なら、開けた先も素敵な感じがするので、
私は『それは持ったままで。』と言うという夢です。
hjhkjhjkhjkjijojpijpijpjpkpokpokpokoko.png
その内に開ける時が来るから、手放してはいけないというイメージです。
私は手放すのは、もったいないとも思いました。

・・・こういう精神世界の様な夢で、
教えて貰う感じ、とてもとても久しぶりです。
私が以前、入院していた2ヶ月の間、
ほぼ毎晩、
こうゆう夢で色々と教わっていた事があったんです。

T子さんのこれからはこの扉がその内に開くのか開けるのか、
その時期が来るので、T子さんの人生は素敵で大丈夫だと私は感じました。

この独特の精神世界的な構図での教えてくれる存在は、本当に独特で、
私は入院中、その夢の内容を日々、手紙に書いてS医師に読んで貰っていました。
私自身が、哲学的や精神世界的な話し方で、
歓音セラピーをする事は自覚では無いと思うんですが、
そんな言葉を見て聞く日々があった事を思い出しもしました。

その辺りの事を次回書いてみたいと思います。

つづく。

これは私は以前に描いた絵です↓
C6A1DC5E-1E29-4845-A23C-9C820EA5953F.jpg
クリックでページに飛びます(照)
★オンライン・歓音セラピー受付してます。
明石・歓音セラピー受付してます♪(現在は兵庫県在住の方限定)
主催者さん募集中です。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio(6/3から予約再開)
(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ

PC版♪→ 人気ブログランキングへ