三輪参り⑤ 写真に写る光。

三輪参りで撮れた不思議な光に見える写真があって、

私自身はそれを見解する行者さんですが、
(実際に心霊写真という類を依頼で視ます)

自分の事になると、とても疑ってしまって、
太陽の光りもこんな風に入るだろうな、でも不思議なと、

私の撮った写真は、記事に載せたいのですが、
三輪山での不思議は口外してはいけないそうで、

イメージ絵を載せたいと思います(*^^*)↓
写ってるのは友達♪
kmk.jpg
こっちの方が見た目に近い感じです↓
021_2019010720312015e.jpg
不思議と思っていながらいたら、そのタイミングにそれを見せた方から
メールを頂いたのです。

それがとても良かったので、皆さんにも読んで欲しいなと(*^^*)↓

「写真に写る自然は、とる人にとって思いもよらない影像を見せてくれます。

太陽の光のハレーションは、意図して撮ったもの以外は失敗になってしまいます。
ハレーション効果をねらった写真も有ります。

カメラを構えて、ある瞬間を写したいと思っても、いくら待っても普通は出現しないことが多いです。

プロの写真家は労力を惜しまずその瞬間を何日も待つことが有りますが、必ずしも撮れるとは限りません。

でも一般の人が、意図せずその場に居合わせ、
その瞬間に巡り逢うことができ、写真に撮ったり、心に刻むことができたりすると言う事は、
人智の及ばない何かの力が働いていたのだと思うのです。

偶然󾬉たまたま󾬉何気無く振り返ったらそれを見る事ができた。

それは、ただ単に光の屈折現象に過ぎないかもしれません。
それでも、その日、その時、その場所でしか撮れない写真なのだと思います。

自然現象の不思議さ。

これは、人の心を虜にしてしまいます。
似たような事が有ったとしても、それは同じものではなく、二度と現れる事がないのです。

写真の魅力がそこに有るのです。
目に見える現象。人の心に入ります。

写真ばかりではないと思います。
この世の森羅万象全てに当てはまります。

偶然の写真は、心に感銘を与えてもらえるものがあるのです。」

このブログを読んでいる方も、きっと経験あると思うのですが、
偶然みた空が、雲が、太陽の光が
とても自分には不思議に綺麗に見えた、そして、
何か、心に力が貰えたって事。

もしくは、なんだかサインに思えて、大丈夫だって思えたり(*^^*)

私も数多く聞いている現象です、不思議な雲の形。自然現象が
今の自分にまるで何かを伝えている様な、そしてそう思える現象(*^^*)

それって、そうだったんですよ(*^^*)
神仏って、偶然かそうではないかも、、、
気のせい???でも不思議、
と思えるギリギリのラインで
メッセージを伝えてくるという事が圧倒的に多い事。

これは、何かを知らせる写真として、受け取って良いと思います。

例えば、体のある部分に気をつけて、というものだと、
シャッタースピードが遅くて、その間に身体が動くと、
体の一部分が写らない写真は撮れるんですが、
その撮れ方も利用して、
護る方々は知らせてくる事があるんですよ。

見る人はビックリするので、それを利用するんですね。

全く怖い写真ではなく、
今、見つけたという事で、
ここ半年程はその写らなかった体の場所の怪我に
気をつける様にすると、大丈夫だと思います。

ハッキリ神様です。と出現してしまうと、逆に
人が依存してしまう気持ちを生んでしまったりと出現に
細かく厳しいルールがある様子で、

・・・綺麗な写真は、綺麗だって、なんかいい事ありそうって
もしくは、うふふふ♪って大事にしていたらいいと思うのです。
もしくは、護られているんだなって、
見えない世界を感じて愛の視野が広がる事は善い事だと思うのです(*^^*)

私にしては珍しく(プライベートの物は白黒世界の修行の反動で、
可愛い女子キュピキュピしたモノが好き。)
その写真を携帯の待ち受けにしています♪
なんか善い気がするのです。

そんな三輪参りのお話でした(*^^*)

つづきます(照)

クリックでページに飛びます(照)
(常時受付)明石・歓音セラピー受付してます♪
主催者さん募集中です。
大阪・歓音セラピー受付してます♪
京都・歓音セラピー受付してます♪
東京・歓音セラピー受付してます♪
広島・歓音セラピー受付してます♪
神奈川・歓音セラピー受付してます♪
岡山・歓音セラピー受付してます♪
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

昔昔の名前。

自分の名前で、なんとなく腑に落ちて無かった事が
今回の東京歓音セラピー時に解けたので、その話を紹介したいと思います。

先日、東京の主催者さんに、私の名前 「●●」は昔の文字では「●〇」で、
神様のいる所、という意味だそうなんですよ、と話した所、
ちなみに内容はそれを知った当時、
私が引いた話をしていたのです(笑)
当時、とっても行者的大変な渦中で、
名前もそうで、何がなんでも、行者の運命なのね、と。

東京の主催者さんは普通の表情で(読書は趣味の一つの方)

「●●●の名前を付けた人が神様に仕える●○(現代語訳=●●)の方だから、
ヤマさんはその系統の方だと思ってましたよ。」と言われて、

●●●=とても有名な物語

神様は、私にかしこまった感じでちゃんと話をする時、
私を今の名前では無く、昔の「●〇」という名前で呼ぶんですね。
その名前に恥じない様に生きる様にと言うのです。

という事は、
●●家に立派な方がいたという事で、、、

私は今になって初めて、名前がそうでも、
自分は家系から突然変異で行者になったと思っていましたが、
自分の先祖にも私の様に、大変な想いをした先祖がいるのかもしれないなって、

初めて自分のずっと昔の先祖になんとも言えない敬愛と愛着の気持ちが芽生えたのです(照)

これはですね、、、、ずっとなんだか腑に落ちなかった事なんですよ、
「●〇」の名前で呼ばれて、
「●○」って何よ、みたいな(笑)
私の名前はそれではない。と思っていたので、

あ~そういう事かぁ、、、

神様は、私の先祖にいた立派な誰かと私を比べているな(ヤマ子的片寄った偏見)
だから、あんな風な言い方なのかと、
そんな風に思った事を、文章にしてみました(*^^*)

僧侶をしていると、時代をまたいで色んなものを垣間見る事は多いのですが、
昔と今のリンクが、私に限らず、不思議に思う事はとても多いのです。

今回の東京の歓音セラピーでも、ご先祖様の珍しい職種を
同じ様に好きで、励む方を見ていると、
その家に生まれた血縁の不思議を感じるのです。

私も同じだったとは、、、。
ただ、相当古いご先祖様だとは思います。
祖父が昔、家系図を凄く辿って調べた話を聞いたのですが、
その様な方は居なかったから。

(*^^*)
自分で言うのもなんですが、漂っていない立派感(笑)
052_20180926230547e7a.jpg
師匠は一見して、師匠と分かる「THE・師匠」という容姿でした(笑)
blog_import_500474249ed24.jpg
クリックでページに飛びます(照)
明石・歓音セラピー受付してます(日程時間応相談)♪
神奈川・歓音セラピー受付してます♪
名古屋・歓音セラピー受付してます♪
大阪・歓音セラピー受付してます♪
霊障相談窓口
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

寝言と会話。

台風が通り過ぎて、ホッとしている私ですが(私の方は被害は無かったです)
被災地や、台風の影響を受けている方、
体が一番です。熱中症にならない様に、休憩を多めにとりながら
過ごして下さいね。

今日は、ちょっと怖い系のお話しを↓

寝言を言っている人がいても、
寝ている人に話しかけたらいけない。という話は、
みなさんが聞いた事があるでしょうか、

行者としてお話しさせて頂くと、これは正しいです。

あきらかに、滅茶苦茶な設定の夢を見てる感じでしたら、
話しかけると支離滅裂な対話が出来る事があり、
それは完全に、夢を見ている人ですが、

中には、その人が寝ている時に憑依する魂がいて、
話をしている事があるんですね。
だいたいこの感じのものは、迷える魂であって、
話す内容をまともに捉えると、不幸になると思います。

寝ている時の言葉は本音とかいう話、それも、
私は違うと思います。
夢の中の自分と、現実の自分の
思考や、行動はおかしい事を考えれば分かる事で、

例えば、寝言より重度な夢遊病というのがありますが、
それも憑依がある事がほとんどの様に思います。

寝ながら歩いて到着する先があって、そこが
いわく着きの場である事がよくある様に思うのです。

私が知っているお話しの一つでは、夢遊病で子供がいつも
寝ながらドアを開けて外に行って、
ある場所で眠りこけるのですが、その場所は、
謎の死があった場所でした。

皆さまは、面白半分で、寝言を言っている人に話しかけない様に
して下さいね。

迷える霊の悪い遊びに引っかかる可能性があるのです。

真夏は、怖い番組を放送している事が多いですね、
チラっと見て、思った事があるんですが、
番組の目的は、「好奇心を煽って、怖がらす。」だけにあって、
その番組で紹介されて、触発されて、
怪奇スポットへ、深夜遊びに行って、

発狂して行方不明になっている方は、実は多いんじゃないかと
思います。
話題として人に話すのは、まだそんなに怖い時ではなくて、
本当に恐怖を感じると、
人は触れてはいけないと言わないからです。

恐ろし過ぎる世界は本当にあって、
人の自業自得が招く世界なのです。

怖い番組を見ない様にには言わないです。
怖いものがあると知って、触れない教訓になる事もあり、
ですが、

あ~、ダメだなぁ、昨日ちょっと見た怖い番組があまりに酷くて、
憤慨しているのです。

今日はこの辺で。

この感覚は、例えると、日本の寿司職人が、海外で全く違うものになっている、
やりたい放題のなんちゃって寿司を日本の本場の寿司だと人に食べさせているのを見て、
涙が出るのと近いと思います。。。

師匠と私。師匠はテレビを見ない人でした。
blog_import_50047437bad54.jpg
クリックでページに飛びます(照)
明石・歓音セラピー受付してます(日程時間応相談)♪
名古屋・歓音セラピー受付してます♪
岡山・歓音セラピー受付してます♪
東京・歓音セラピー受付してます♪
霊障相談窓口
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

激戦地紹介のテレビに入る声。(ちょっと怖い話)

蒸し暑いですね、今日は風がありますが、
風があると、何か飛んでくる事はあるので、
外出する方はいつもより、周りを見て、音楽を聴きながら
歩かない様にして下さいね。

人が教える注意「危ない!」が聞こえない状態は良くないです。

私の部屋のエアコンは、冷たい風がでない故障中で、
修理待ちです。
ちょっと気温を忘れるお話を、

私は、師匠から、
激戦地、悲劇を極めた激戦地跡には、
なるべく行かない様に言われています。

行くなら、作法をする様にと。
それは、到着してから、その土地の神様に、
〇〇の目的でここに来たので、ご加護を宜しくお願いします。と
挨拶をする事なのですが、

父がテレビを見ていて、私はそれを時間がずれての、
自分だけの食事ついでに見ていたのですが、

激戦地を、悲劇のあった現場で、
現地の生き残りの方と共に紹介する、
という内容で、

悲鳴が聞こえるのです。それは、凄くハッキリと、
それは現在によく聞く様なものではなく、
人が極限を目の前にして、
もしくは死にゆく極限中に出す断末魔の声なのです。

これは、私は師匠といた修行中に聞いた声で、
亡き方の恐ろしい雄叫び、
こうゆうものには、関わってはいけないと、
凄く感じた経験です。

見えない何かが分かるなら、
殺人事件の捜査に、協力して解決すればいい。
できないのはおかしいですよ、
という話を聞いた事がありますが、

関わってはこちらの身が持たない。というのが、
答えなのです。

話は戻り、

あまり多くの方が見る番組ではないと思うから、
話題に上がる事はそうないと思うのですが、

戦争という悲劇に触れる事は、折々には良い事だと
私は話してきましたが、
ちょっと、考えてしまいました。

戦争という事実を知る事は、平和の善さを知る為に、
いい事には変わりないと私は思っていますが、
霊的なものを察知しやすい方は、
触れない方がいいのかもしれないと思いました。

悲劇が起きたそのまま、その瞬間の状態で、
その場に留まっている魂は、稀にいるのです。

ついでに話すと、今は動画がみんなが好きに投稿できて、
氾濫していて、
見てはいけない動画だと思ったら、スグに閉じて
見ないで欲しいと思います。

私個人の話ですが、
携帯で、世界中の方がランダムに投稿した動画を見る事がよくあって、
一番最初の静止画と、簡単な説明を読み、
興味があれば見る。という下に画面を動かしながら選ぶ動画集なのですが、

勇気ある行動動画、みないなのも私は好きで、
溺れた人を助ける、そんな雰囲気の動画画面をクリックしたら、
溺れた人が蘇生せず、亡くなってしまう、その一連を、
とても鮮明な映像で見てしまい、

非常に暗い気持ちになっただけの事がありました。

皆さまも、映像が氾濫する今、
見る映像を、ちゃんと選んで、腑に落ちない予感がしたら、
そこでストップし、見ないで欲しいと思います。

世の中には、人を悪い方向へおとしめたい意志で
作られた動画もあります。

インターネットは、私は車の様なものだと思っています。
便利だけと、常に事故しない様に気をつけないといけない。
メリットの方が大きいと感じているのですが、、

今日は、ちょっと気をつけて欲しい話をしてみました。

私の師匠↓(深夜の破壊の護摩の時)
※ 破壊の護摩とは、古いお札や、いわくつきの物を焼いたりする護摩行です。
・・・ちなみに、この護摩行時に写真を撮ると、
誰もが見て分かる、この世の方ではない方が写る心霊写真が撮れたります。
blog_import_500474249ed24.jpg
破壊の護摩行↓
blog_import_50048de890097.jpg
クリックでページに飛びます(照)
明石・歓音セラピー受付してます(日程時間応相談)♪
大阪・歓音セラピー受付してます♪
博多・歓音セラピー受付してます♪
名古屋・歓音セラピー受付してます♪
東京・歓音セラピー受付してます♪
霊障相談窓口
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

スピカを守る神様。

師匠と修行中、神様が話しかけてきた時の一部抜粋の話です。

神 「貴方は〇千年前、〇〇〇で、星の位置を正確に把握し、
そこから建物の位置を決める事をしていました。
当時、星派と、太陽派がいて、その揉める中、
星派の貴方は、ちょうどいい位置を割り出したのです。」

ヤマ 「・・・今は、星のそういうの全く知らないですが、、
凄いなぁ、歴史上の建物だ、、、。」

神 「スピカを知っていますか?」

ヤマ 「なんですかそれは。」

神 「貴方をずっと見てきたスピカという星の守り神がいます。」

ヤマ 「初めて知った。。。」

携帯で調べて、おとめ座という星座の中の最も明るい星だと知り、
不思議な気分、、、

の、その理由は、、、

ヤマ子は小さい頃、誰にも言った事のない話なのですが、
子供用のおもちゃの1㎝位の金色の星のチャームに
「スピカ」と名前を付けて、
それを神秘的なイメージをもって、とても大事にしていたのです。
jnkl_20180414182633623.png
私はスピカは何かは知らなくて、
それは私にとって、
神秘的で心ときめく名前だったのです。
理由は分からないのですが、何故か好きで。

ですから、スピカを守る神様と聞いて、なんとも、なんか引っかかる
その不思議に繋がる感みたいなものがありました。

私の考えですが、星って、空に浮かぶ石で、宇宙のそういうものに、
守り神が居るという概念が私には無かったのですが、
それを聞いて以降、あきらかに、
星が綺麗に更に神秘的に見える不思議です(笑)

それにしても、
星なら地球から何万光年も離れていて、
何処の立ち位置から見ているんだろう。

そして、何故、沢山ある星の中から、
その星を守る方なんでしょうか。

自分の人生の中に、あらゆる点が、
ふわ~と不思議に繋がる時、
なんとも、不思議です(笑)

〇千年前の当時の私は、
スピカの星を重要視して位置を決めていたのだと思います。

私の生きていた当時と、今とは星の位置が違うのです。
星にはそれ程詳しくないのですが、
ふと見た時に前回より星の位置が違うというのは、
とても気になるのです(笑)
誰にも言った事ないですが(笑)

ヤマ 「神様、ありがとうございます。」

師匠 「あ~しんどっ。スピカって何だ?ワシも知らんわ。」←神様が抜けた。

※ 神様が乗っていると、体力消耗が激しいのです。

ヤマ 「おっしょうさん、ありがとう♪
自分の謎をちょっと知れましたよ。

スピカっておとめ座の星の一つですよ(*^^*)」

師匠 「そうか♪では、ご飯食べよか♪」

クリックでページに飛びます(照)
明石・歓音セラピー受付してます(日程時間応相談)♪
名古屋・歓音セラピー受付してます♪
東京・歓音セラピー受付してます♪
大阪・歓音セラピー受付してます♪
岡山・歓音セラピー受付してます♪
セラピーの主催者さん募集してます♪
霊障相談窓口
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ