尼さんスイス旅行記④ スイスの博物館

今年2月後半に行ったスイス旅行記事を下書き保存していた分です。
そちらをアップしたいと思います。

こちらからの続きです↓
旅行記

チューリッヒ観光の午後、
お子様達が行きたいというスイスに生息する生き物の
博物館があるというのが、行ってきたのです♪
入館料無料というのが信じられない程の充実した施設でした。
友人のお子様二人↓
IMG_4869.jpg
そして、大人と子供が博物館にいる図は世界どこも一緒だと
思いました(笑)
IMG_4877.jpg
剥製が一杯あって、寄贈されたのかな?と思う
手の手の加えられた存在しない生き物もいたりして↓
IMG_4886.jpg
マーモットが可愛いです♪
寒い国だから、動物の毛がみんな暖かそうです。
IMG_4883.jpg
顕微鏡でとても小さな虫や生き物を見るコーナーがあり、
美しいトンボの造形や、玉虫など色々見ていたのですが、
IMG_4878.jpg
IMG_4882.jpg
隣で同じく一生懸命見ている友人のお子様↓
IMG_4879.jpg
私が特に気になり一生懸命見ていた虫があり、
お子様に聞きました。

ヤマ 『これはなんていう虫かな?すごく複雑な形で面白い♪♪♪』

友人のお子様(日本語ペラペラ)
『それは、テントウムシが食べるやつだよ。』
(アブラムシの事です(笑))

ヤマ 『・・・』←スイスにいる珍しい生き物だと思っていたヤマ。
うちの庭にもいます(笑)

私は、生き物がとても好きなので、とても博物館を
楽しみました。剥製は恐竜の骨もあり、とてもとても充実していたのです。
IMG_4889.jpg
スイスはドイツ語ですが、スイス自体が多言語な国で、
英語の説明がついている事がほとんどで、
グーグル翻訳や、友人や友人のお子様に聞きながら、
楽しい時間を過ごしました。

私は子供がとても好きで、すぐ仲良くなるタイプで♪
友人のお子様達とも、とても楽しく過ごしたのです♪♪♪

友人はお子様達の教育にとても熱心で、
友人の教育方針や教育姿勢を見て、私はとても勉強になりました。
私はスイスにいる間、お子様の部屋を一つ借りてそこで寝ていたのですが、
そこの本棚にある本は、
知育に素晴らしいものばかりで、

おもちゃ類も、お子様の何かを育てるものがほとんどで、
子供の世界にある誘惑に対して、欲しがる、したがる子供に対して、
大人がちゃんと話して、制御する事は子供の為には必要で、
お子様に対して、良い教育と良い食べ物、きちんとしたしつけを心がける友人は、
本当に立派だなと思ったのです。

私は、教育・平等な医療体制に
とても興味があるのです。
世界的に平等であって欲しいと思う所なのです。

平等な教育は、人が幸せに生きる為に、
必要な知識や知恵は学んでいく必要があると思うから。

医療体制は私自身、いつもその時々に、
最善の治療を受けれたから。

その為には、それを整える事ができる人が必要で、
私がしてきた事、している事、これからの事は、
その人の背中を押す事にも
繋がっているんだなと思う事が時々あるのです。
IMG_4889.jpg
クリックでページに飛びます(照)
★オンライン・歓音セラピー受付してます。
明石・歓音セラピー受付してます♪(現在は兵庫県在住の方限定)
主催者さん募集中です。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio(6/3から予約再開)
(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ

PC版♪→ 人気ブログランキングへ

尼さんスイス旅行記③ チューリッヒを散策

スイスに到着してから、
友人にチューリッヒを案内して貰いました♪
IMG_4832.jpg
建物と人の対比がとても西洋らしくって素敵です♪
チューリッヒの湖、スイスは陸に囲まれて海は無いのですが、
湖は広く大きく海と勘違いしてしまいそうな大きさなんですよ
IMG_4836.jpg
鳥が一杯♪可愛いかったです♪♪♪
IMG_4841.jpg
IMG_4844.jpg
IMG_4838.jpg
友人のお子様達↓
IMG_4835.jpg
友人は日本人向けガイドブックを購入してくれていて、
色々調べてくれていて、
旅の醍醐味というのは、私は個人的に想う事ですが、
人との関わりも本当に素敵だと思うのです。

友人のお子様達も本当に可愛くて、
右も左も分からない私を、子供なりにナビゲートしてくれて、
人生のモテ期を今使ってる感を感じました(笑)
IMG_4850.jpg
私の人としてしたい事っていうのは、何か、
肩書きとか、人生のこれまでは関係なく、
ゆっくり本をめくる様に分かってくる様な日々でしたよ。

チューリッヒの風景は、テレビで観ていた
ヨーロッパの風景そのもので、アジアン要素は全く無く、
建物は一つ一つ本当にロマンチックな造りで壮大で、
歩くだけで、映画の中にいる様な気持ちになったのです。
IMG_4862.jpg
ただ、この初日は、この日にコロナの件で前半1週間と後半1週間の予定を
逆転すると決めたので、
スイスの常識や交通や、チケットの買い方を覚えるので、
頭の中は必死だったのです(笑)
IMG_4858.jpg
行った事の無い土地というのは、日本であっても
外国であっても、要領は分からないもので、
スイスには、乗り越しをすると問答無用で罰金1万円という
日本には無い恐怖があり、ドキドキしました(笑)
そしてこの2日後、一人で乗っている時に、
乗り越しチケットチェックに引っかかり
寿命が縮まる想いをしたのです(また書きます)

電車に乗って感じた事は、スイス人が乗っている時の雰囲気は、
日本の様な緩さはなく、キリッとしているという印象です(友人曰く罰金の為)
そして、ワンちゃんは全ての犬がドッグトレーナーにしっかり教育を受けていて、
スイスで出会った全ての犬がまるで日本の盲導犬の様な
賢い姿に私には見えました。
その代わりに、犬にも色んな権利が与えられている、という印象です。
IMG_4889.jpg
噴水から、直接飲んだり、もっているボトルに水を入れて飲む事は、
スイス人の日常で、
IMG_4847.jpg
とっても美味しいお水で、アルプスの源泉や地下水だそうで、
私は沢山頂きましたよ♪♪♪

教会の中は撮影禁止ですが、とても壮大な造りで広く、
人が神様を感じて想い作る造形の
美しさに見惚れました。
IMG_4857.jpg
壮大に作るのは、言葉が分からない人にも、神様の偉大さ、
寛大さ、お話(絵画などで)が分かる様にと聞いた事がありますが、
素晴らしい装飾品や彫刻を見て、
私はいつも不思議に思うのです。
信仰心というものが、
私は信仰心から僧侶になったタイプでは無いので、
祈る人という姿に見入ってしまうのです。

そして、いつも思う事ですが、素晴らしい絵画はほぼ裸的なものも多く、
その描かれている本人はもっと服を着せて描いて欲しかったのではと(照)
そんな事を思う、日本の僧侶の私です(照)

私は現実主義の目線なので、
その辺り、わぁ~凄いと思いながら、
同時に思ってしまうんですが、素晴らしかったですよ。

祈りの椅子に座りながら、西洋式の祈りの手で、
色々と祈ってきました。
教会って綺麗で好きです。

私に話しかける神様が、私にこの人を見習う様にという言う方々は、
人を大切に想い大事にする人なんですよ、
人の喜びを自分の事の様に喜び、
人の悲しみを自分の事の様に悲しむ
人への敬愛を持ち続けていて、
そして、その方々の事を神様はとても愛していて、
私はそういう風な人には、どうしたらなれるんだろうって
よく思うんですよ。

人として私もその方々の事を本当に素敵だなって思ってるんですよ。

クリックでページに飛びます(照)
(新型肺炎により受付停止中)明石・歓音セラピー受付してます♪
主催者さん募集中です。
岡山・歓音セラピー受付してます。
神奈川・歓音セラピー受付してます。
千葉・歓音セラピー受付してます。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio

(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

尼さんスイス旅行記② スイスのご飯♪

スイスで私は何を食べていたのか紹介したいと思います♪
スイスと言えば、チーズとハム♪
IMG_5267.jpg
そしてソーセージや、パン、チョコレート♪
こちらのパンの名前は、ツォプフと言って、直訳では三つ編みのことで、
IMG_5685.jpg
伝統的に日曜日に食べられていたパンで、
今でもスーパーなどでは金曜日から土曜日にかけて売られている、とっても美味しいパンです♪
味は、バターロールをもっと密度を濃く重くして、あっさりさせた様な感じです。

大皿の大きなオーブン料理の大きなマカロニにチーズ&ミートソース♪
IMG_5522.jpg
ヤマ子が食べたいとお願いした湖の魚↓美味♪
IMG_5680.jpg
非常に日本人の口に合う味で、私はスイスで、
日本食が恋しいと思う時は無かったのです。
友人が日本人で、日本人好みの味付けもあったからだと思いますが、
チーズだけは、色んな種類のある中、
ちょっとでOKという味のはありました(照)
右側のチーズは「僧侶の頭」という名前のチーズです。
IMG_5587.jpg
ハーブもとても豊富に食卓にあり、その薬味は
私の大好きな味だったのです♪♪♪

パンにハムやサラミ、チーズを挟んで食べる味は、
本当に美味しく、あっさりしていて、
本場の家族で食べるパンは、とてもとても大きく、
それを切り分けて食べるんですが、
色んな味もあり、どれにしようかなみたいな♪
IMG_5687.jpg
日本ではジュースが盛んに売れていますが、
スイスではシロップをお好みに薄めて飲むのが進んでいて、
友人宅のを、、、
激しく美味しくだいぶ頂いてしまいました(照)
味は、美味しくて好みの甘さのハーブジュース(複数の種類)ですが、
癖になる味なのです♪♪♪コップに5ミリ位いれて薄めます♪
IMG_5885.jpg
こちらは炭酸系のシロップ↓
IMG_5870.jpg
スイスの水はとっても美味しく、水道水も直接飲めますよ♪
硬水で、水が変わると体調がという方は購入されると良いと思いますが、
街のいたる所に飲める水が出ている噴水もあり、
私は全く問題ありませんでした。

手作りカップケーキ♪↓とても美味しかったです(照)
IMG_5878.jpg
スイスの方は、病気にならない身体作りや
ちょっと調子良くない時にはハーブ(沢山の種類があります)で整えるという感覚があり、
病院は相当具合が悪くないと利用しないそうなのです。
病院代がすごく高いという事もあるそうですが、
ハーブは健康的な上に非常に美味しく、
素敵なだなぁと思いましたよ♪

これはアンティチョークという野菜で、友人が煮てくれました♪
IMG_5546.jpg
おかずとして食卓に出て、
これは松ぼっくりの開いた様な1枚をちぎっては、
根本を歯でしごいて食べて、
IMG_5549.jpg
味は、ほんのり甘いさつまいもと、甘くないかぼちゃの中間みたいな味で、
子供受けは余りしない感じはしましたが、
大人は好きな人はハマる味だと思いました(私は好き)
最後の根本の様な所は、食べれますが、
ひげのような部分は食べれないです。これから食べる方は
ひげの部分は食べない様にして下さいね。
IMG_5550.jpg
エーデルワイスのパスタ♪
(エーデルワイスは高山植物なので、高い山に生えているそうです)
IMG_5547.jpg
海外旅行の楽しみの一つに、その国の食べ物を食べるというのが
ありますが、スイスご飯を堪能させて頂きました(照)

色々と作ってくれた友人に感謝です。
育ち盛りのお子様達が大人の男性よりも食べるのが
私はとても楽しかったです♪
お腹の内部、ほぼ胃ではないかと思える程でしたよ(笑)

スイスでの外食も紹介していきますが、
色んな種類があり、パスタの種類も豊富で、
チャイニーズレストランもよく見かけ、
日本人が日本食-!!ってなる事はあんまり無いんじゃないかなという
私の印象ですよ(*^^*)

レストランも日本に比べると高価ですが、
一食頂くとかなりのボリュームがあり、
その次の食事は軽く済まる事がほとんどでした。

クリックでページに飛びます(照)
(新型肺炎により受付停止中)明石・歓音セラピー受付してます♪
主催者さん募集中です。
岡山・歓音セラピー受付してます。
神奈川・歓音セラピー受付してます。
千葉・歓音セラピー受付してます。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio

(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

尼さんスイス旅行記① チューリッヒ空港

チューリッヒ空港の話です。
関西国際空港からチューリッヒ空港まで、かかったトータルの時間は、
22時間55分でした。
その間は、私は映画を見たり、仮眠をしたり、
今の技術で映像が凄くなっている飛行状況をリアルタイムで
見たりして、
全く退屈せずで、飛行機内を満喫できましたよ。

往復で合計4便乗ったのですが、2便だけ窓際を予約して、
後は当日決まる様な席だったのですが、窓際になり、
外の風景も沢山満喫できたのです♪

そして、飛行機がチューリッヒ空港に到着して、搭乗口から荷物を受け取る場所まで
移動用の地下モノレールの様な乗り物に乗った時、
私はとても突出して変わった髪型、服を着ている家族と同席したのです。
jnlnlkn.png
男性は、真っ黒の燕尾服の様な正装に、
シルクハットに耳の前だけ長いカールした髪をしていて、
お子様は、丸刈りなんですが、耳の横の髪だけが長くカールしているのです。
女性はつつましい服装に、髪を隠す頭の形の黒い全体を覆うネットの様なものを
被っていて、

実際は、家族全員、横並びにキチンと座って、
礼儀正しく、私は芸能人の家族かと思ったのです。

スイス在住の友人によると、ユダヤ人家族だそうで、
ユダヤ教徒 服装
スイスを旅して、これはよく思った事なのですが、
日本とは離れた土地で全く交流なく進化した文化。
という雰囲気が凄くしたのです。

タイを旅した時はどこか共通点を感じるものが多くあったのですが、
スイスはTHE・ヨーロッパです。

空港を出た所で友人と待ち合わせをしていたのですが、
その前に預けていたトランクを受け取りに行くと、
その前にトイレに行って、少し遅く行った為、
完全に終わった状態で、誰もいない
という景色でした(汗)

チューリッヒ空港は非常に広く、トランクを受け取るレーンも沢山あり、
インフォメーションが遠く見えたので、行って聞いて、
それでも何処で受け取るか分からず、床に座り込み、
友人に連絡をしていたら、

電話繋がらない
という状況になり、
必死に設定を触っていたら、

空港の方が私のトランクを持ってきてくれました。
一目で余っているトランクの持ち主は私だと分かったのだと思います。

そして、空港外にでると、待ち合わせ時間からだいぶ経っていたと
思うんですが、友人がいてくれて、
まずは消毒&除菌から、のスイス旅が始まったのです。
この時は、まだスイスは感染者ゼロでした。

そして、なぜ携帯が繋がらなかったかというと、
私の携帯のSIMカード(携帯内にセットする、
現地の携帯電話会社のプリペイド式のカードで、
これを入れると電話番号は変わり、その他は普段通りに使える)
詳細説明↓
SIMカードとは
なんと私のはヨーロッパ圏全対応のを買ったので、
私の電話番号はオランダからの発信になっていて
(帰国してから説明書を詳しく読んだら書いてあった(汗))
友人には同じスイスにいながら、
国際電話をかけないと繋がらなかったのです。
携帯が繋がらない時は本当に焦りました。

日本では想像ができない色々がありましたが、
ドイツ語が日常会話の友人の語学と知恵と経験からくる知識の
お陰で、助けられまくり、
本当に想い出深い旅を経験できたのです。

そしてスイスに到着して、本来は友人宅に
伺う予定を、コロナの事もあり、
初日からホテルに泊まる事にしたのです。

ちなみにスイスは物価が世界一高い。と言われていて、
ドキドキしていた私ですが、
だいたい、2倍~3倍位の感じでしょうか(ものにより安いのもありますが、ざっとです)
旅人用のお得なチケットは色んな種類があり、非常に助かります。
泊まったホテルは、1万円ちょっとで、歯ブラシとパジャマが無いという
シンプルな作りで、空港の近くというのもあると思いますが、
物価の差を体感しました。
IMG_4893.jpg
食事もレストランの相場、昼は日本円で3000円位から
夜は5000円位からで、人件費がとても高いのだそうです。

食事は、日本のスーパーの様な店があり、
サンドイッチを買って食べたりもして、ラフな食べ方が
浸透している雰囲気がありました。
スイスは景色が絵画の様に綺麗な所がとても多く
外で食べるのはとても素敵だと思います。
IMG_5580.jpg
スイスの冬は日々曇ってとても寒く、
冬の間、晴れている日は数日しかないという年もあるそうです。
私の旅は友人が神がかっている!と言う程、
お天気に恵まれ、日本と同じ位の気温と快晴の中、
快適に旅が出来たのです。

そして、友人の車に乗り、ホテルに荷物を置いてから、
友人は家に一旦戻り、車を置いて、
お子様二人も一緒に、チューリッヒの街観光に出かけたのです。

新型肺炎の事で、
最初の4日程(5日目からはスキー場のホテルに数ヶ月前から予約済)
は別に行動しようと当日決めた私でしたが、
私が一人で困らない様に、一生懸命考えて一緒に行動してくれた
友人の気持ちは本当にありがたかったのです。

チューリッヒ駅の一部と(チューリッヒ駅はめちゃくちゃ広いです)
IMG_4827.jpg
電車♪↓二階もあって、満席で席が無いというのは
スイス旅中に一度も無かったのです。
IMG_4825.jpg
スイス人は、立って乗るという感覚は無いそうで、混む時間は、
皆が座れる様に、列車の数を増やすそうなのです。
人が混む時間は長い電車が来て、混まない時間は短い電車がくるそうです。
この感覚は満員電車のある日本も欲しいですね(*^^*)

クリックでページに飛びます(照)
(新型肺炎により受付停止中)明石・歓音セラピー受付してます♪
主催者さん募集中です。
岡山・歓音セラピー受付してます。
神奈川・歓音セラピー受付してます。
千葉・歓音セラピー受付してます。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio

(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

3/3のシンガポール空港の話。

今の状況の中、どんな記事を書こうかと思うのですが、
特殊な状況だったシンガポール空港の話をしたいと思います。

スイス旅行の最終日、私は、チューリッヒ空港から
シンガポール空港へ(正式名は、チャンギ国際空港という名前です。ここからはS空港と書きます)
S空港から、関西国際空港の乗継で帰ってきました。

3月3日は、日本からS空港の便は全便欠航で、
私は早朝5時にS空港に、到着して、午後2時発の
8時間乗継時間のある便でした。

S空港は、世界最高の空港ランキングで7年連続1位の
素晴らしい施設で、待ち時間にたいくつをさせないあらゆるサービスがあり、
私は楽しみにしていたのです。

私は帰りS空港に到着して思った事は、
(行きの時もS空港経由でしたが、到着してすぐに出発で、
空港観光はしていないのです)

人がいなさ過ぎる。でした。新型肺炎の為、
体温をチェックする機会が設置されていて、
ガラガラの中、空港内を危なくないだろうと私が判断できる範囲で
見てきたのです。
IMG_5972.jpg
2019年には6560万人が利用したという人気&巨大な
施設なのですが、人がいないです。
IMG_5973.jpg
逆にいないが故の安心感もありましたが、
大人気の乗継(立ち寄った空港で、次の出発を待つことをトランジットと呼びます)
の方の為のフリーシンガポールツアー(出国不要で国内名所案内ツアー(無料)も
ガラガラ(観光名所は人が集まるので私は不参加)で、

お土産屋さんも、店の人だけがいる様な状況でした。
S空港といえば、去年できたJewelという施設が人気で、
こちら↓
Jewel
そこは、出国しないと入れないのですが、
ターミナル2からターミナル3への移動の電車の中から
出国しないで見る事ができたので、乗ってきました(これも人ほぼ乗っていない)

自分の希望はインフォメーションでグイグイ言う事が大事です。
私はJewelは入国審査(イミグレーション)しないと入れない。と言われたのですが、
それなしで見れる事を知っていたので、頑張って伝え、
Jewel内部を通過する電車に乗り、見れる事を教えて貰ったのです。

そして乗った、ターミナル経由の中からの写真♪↓
IMG_5968.jpg
Jewelの入り口↓
IMG_5942.jpg
キャァ~綺麗♪♪♪
時間によっては、この巨大な滝は虹色のイルミネーション状態になるんですよ、
IMG_5969.jpg
・・・ですが、人がいなさ過ぎて、何かを削減しているのか、
何かが、足りない感。
IMG_5970.jpg
同じ電車がそのまま行き来するので、
4往復もしました(照)

そして、バタフライガーデンも観光↓
IMG_5960.jpg
南国の蝶が沢山いる憩いの場ですが、
シンガポールの外の気温そのままで、暑いです(汗)
IMG_5961.jpg
写真は撮っていないのですが、ゆっくりできるふかふかソファーも多数で、
そこでスイスの友人が持たせてくれたランチを食べ、
ゆっくりしましたよ♪

搭乗ゲートの発表は搭乗時間の3時間前だったかな、
朝5時到着時点では決まっていなくて、
搭乗券をバーコードで読み取って、何処が自分の搭乗ゲートか
案内してくれる機械があるのですが、
それが動かなくて、焦りました。

海外旅行をすると、ガイドブックには載っていない、
現地で知る事は物凄く多くて、最低限の旅行英会話&単語は
知っておいた方が良いと思いますよ、
どういう理由かその時は分からない、持参した機器類(携帯や翻訳機)が
動かない時がありますよ(経験した(汗))

そして、携帯は使いまくるので、持参していれば充電できる
モバイルバッテリーを持っているのはおススメです(*ˊᵕˋ*)

クリックでページに飛びます(照)
(新型肺炎により受付停止中)明石・歓音セラピー受付してます♪
主催者さん募集中です。
岡山・歓音セラピー受付してます。
神奈川・歓音セラピー受付してます。
千葉・歓音セラピー受付してます。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio

(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ