2017-04-14

あの世の人達。

私の師匠が、末期がんで入院している時に談話室で
話していた時の私と師匠の会話です。

師匠は、ベッドで話す事を嫌い、いつも談話室で
座って話していました。

当時の師匠とヤマ子↓
blog_import_500474815c759.jpg
師匠 「のう、ヤマ、ワシもいよいよ身体が敏感になってきてな、
来た人達に触れる様になってきたんだよ。」

ヤマ 「亡者(幽霊)に触れるんですか?」

師匠 「うむ、亡者達(幽霊達)が生きている人間の様に
肉体があって、生きてる人間の様に触れる様になったんだよ。
この病院で亡くなった人達も、よくワシのベッドを訪れるんだが、
生きている人間の様だよ。」

ヤマ 「それって、、、」

師匠 「ワシもいよいよかもしれん。あの世の住人と、
自分の境界線が無くなってきたんだよ、
自分から亡者の手をしっかりと握れるんだ。
その肉感に驚いたよ。」

ヤマ 「・・・」←目に涙が溜まるヤマ

師匠 「泣くなよ、」

ヤマ 「・・・」←涙が引っ込むヤマ

師匠 「〇〇さんの亡くなった〇さんが、ワシに懐いて、
いい話し相手だよ(笑)」

ヤマ 「どんな話してるんですか?」

師匠 「ふふふ、やっぱり〇〇さんの心配ばかりだな(笑)
薬を飲んでないとか、〇〇さんにこう言って欲しいとか、」

ヤマ 「うるさくないですか?おっぱらったらどうです、」

師匠 「いや、それがな(笑)結構いい情報を持ってくるんだよ(笑)
寝ながらずっと楽しく話をしてるんだ。(*^^*)」

ヤマ 「なら、いいですけど、、、〇〇さんにはその話をしてるんですか?」

師匠 「それはしてない。それはしてはいけないからな、〇〇さんにとって
良くないさ。〇は元気だしな(笑)」

ヤマ 「その元気な事は、私からなんとなく伝えておきますよ(*^^*)」

師匠 「うむ、」

師匠 「お前は長く生きろよ。生きて、人の希望でいてやってくれ。」

ヤマ 「おっしょうさん、私は長く生きる事には興味がないんです、
けど、、、わかりました。」

師匠はいつも、目の前にいない生きている人達を温かく見つめて、
その人達の事を想っていました。
それはまだ出会っていない人も含めて、
そんな風に人を想える心って、
どういう経緯でその心が師匠の中で育ったのか、
私は聞かないままでした。

師匠は幼少期から僧侶になりたい。と強い意志を
持った人だったので、その心が育つ経緯は、
もっと奥深いものだと思うんですが、
少し、聞いてみたかったと今思います。

あの世っていうのは、自分も死んでみると、
この世と同じ様に相手に触れて、想像以上に
いい世界かもしれないですね(*^^*)
この私の感想は、死ぬ事を美化したり、推奨しているものではないです。

けれど、そうやっていつか肉感を持って再会できるのは
いいなと思うんですよ(*^^*)

誰もが思う、また会いたい亡くなった方に対して、
いつかの再会が肉感があるのはとても嬉しいですね(*^^*)♪

補足説明ですが、当時の私は
自分の幸せは無くて、世の為人の為だけに
生きる運命だと思い込んでいたので、
自分の生死はどうなっても良かったのです。

今は違いますから、大丈夫です。
私のブログを長く読んでくれている方には、
私の危うさで、心配をかけてしまって、
申し訳無かったです。

クリックでページに飛びます(照)
明石・歓音セラピー受付してます(日程時間応相談)♪
岡山・歓音セラピー受付してます♪
東京・歓音セラピー受付してます♪
神奈川・歓音セラピー受付してます♪
名古屋・歓音セラピー受付してます♪
セラピーの主催者さん募集してます♪
霊障依頼の窓口
お守りのご紹介です♪郵送可♪
お守りのショッピングカートです♪

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

2016-07-30

昔話。

私の師匠と、本山にお泊り修行した時の話です。
極寒の冬でした。
この夜は複数の方が同じ部屋に泊まっていました。
私がまだ修行を始めて、浅い頃です(*^^*)

本山の宿坊のお布団はそんなに暖かくなく(笑)
お湯を入れるタイプのアンカを足元に入れて、
こっぽりとお布団にくるまりながら、師匠と話をしていました。
談笑の時間は終わり、他の方は眠っています。

師匠は、僧侶仲間とお酒を飲んで、少し出来上がっています。

ヤマ 「おっしょうさん、いい笑顔ですね(笑)」

師匠 「ほほほ、こうしてお前さんも一緒にいて、楽しかったわい♪」

ヤマ 「おっしょうさん、、、昔話を聞きたいです。」

師匠は、少し、不思議そうな顔をして話始めました。

師匠 「むかし、、、むかしある所に、おじいさんとおばあさんが、、」

ヤマ 「ちょっと待って、おっしょうさん。

ヤマ 「私がそんな昔話を聞きたいと思いますか。

師匠 「?」

ヤマ 「前世の話ですよ。前世。

師匠 「お、そっそっちか。。。(汗)」←最初の頃は師匠から色々と私の前世の話を聞いたのです。

これは、私が、現世ではどうしても謎が解けない不思議な衝動や行動の理由を知る為に
行者としての理解の為に必要な話でもありました。
自分で謎過ぎて、どうしようもなかった事が紐解けるこの話を、時々して貰ったのです。

師匠 「・・・え~とな、、、グー、、、」←酔ってるから寝た。

ヤマ 「マジか、、、。」

そして、極寒の冬を一緒に布団を並べて寝ました(笑)
私は思いました。なんでこんなおじいさんと寝ているんだろう。(笑)

素晴らしいヒゲの持ち主でもあった師匠↓
blog_import_500474453318d.jpg
そんな日があった事を急に思い出すヤマ子でした(*^^*)

こういう人の弟子になると苦労します(笑)
理由は師匠が立派過ぎるから。

話がしたいな、おっしょうさんと。

クリックでページに飛びます(照)
岡山・歓音セラピー受付してます♪
明石・歓音セラピー受付してます♪
名古屋・歓音セラピー受付してます♪
神奈川・歓音セラピー受付してます♪
セラピーの主催者さん募集してます♪
お守りのご紹介です♪郵送可♪
お守りのショッピングカートです♪

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

2016-05-06

月300万円。

私の師は表舞台に出る事はしなかったのですが、
とても立派な方でした。

私に接点を持たせない為に、詳しく話す事はありませんでしたが、
時々、「えっ!?」と思うジャンルの方々の話がポロッと
出てくる事があったのです。

接点を持たせない理由は、私の為です、

私は相談専門の僧侶ですが、関わってはいけない。と
師から言われている肩書の方がいます。

師は大きな影響力のある職種の方に、
思わず未来のアドバイスをしてしまった事があるそうです。

師匠 「(アドバイスを)言っちゃったんだよ(照)」

ヤマ 「へぇ~、」

師匠 「そしたらさ、その通りになって、その人はな、
月300万円で自分専属の相談役になってくれないか?って
言ってきたんだ。」

ヤマ 「へぇ~!

師匠 「断ったよ(汗)使われて使われて、ワシがボロボロになるのが
目に見えてる(汗)
しつこく言ってきて、あらゆる手段で連絡を取ろうとするから、
着信拒否にして、二度と会わない様にしたさ。」

ヤマ 「怖いですね(汗)その人の気持ちも分からないでも無いですが、
そういう職種の方って、意外とスピリチュアルな人が好きですね。」

師匠 「・・・自分の我欲しか持っていない、足の引っ張り合いの世界だからね。
賢い知恵を持つ人がのし上がれる世界だよ。ずる賢い程な、
正義感だけでは生き残れない、一見正しい事を言っている様で、
人をおとしめる事を言っている怖い世界だよ。

お前も気をつけろよ。」

ヤマ 「はい。けど、月300万円なんて、凄いお金を持っている人なんですね。」

師匠 「ははは、その人はな、ワシを自分だけでなく、自分経由で人の相談にも
のせさせて、儲けようとしているんだよ(笑)」

ヤマ 「怖っ(汗)私が聞いた中で、一番高い相談料は1回50万でしたが、
それだけ高いと、怪しさより、逆に興味をもたれるのかもしれないですね。」

師匠 「これで二度と会う事はないと思います。と言う時もあるんだよ。」

ヤマ 「はい。」

・・・師は、水面下で物凄く人助けをしている人でした。
これは、男性だからこそ出来る動きも多く含まれ、
私は師に男性の弟子が着いたらいいのになぁってずっと思っていました。

もしも、師匠が300万円を貰って仕事をしたら、
今まで出来ていた事ができなくなると思います。

怖い話ですね(汗)

自分の正義と欲って誰もが持っていると思うんですが、
私は揺れる時は、いつも師ならどう判断するかと考えて、
決めています。

欲というのは、色んな種類がありますが、
正義に見える様で微妙に欲な行動ってあるじゃないですか、
ほんのちょっとの違和感を気にしない様にする事は、
間違った事をする事に、自分が慣れていく始まりなんだと思うのです。

この記事を読んでくれている貴方も(*^^*)
自問自答した時に、自分の真心からの返事を聞いて欲しいと思います。
blog_import_50047437bad54.jpg
クリックでページに飛びます(照)
東京・歓音セラピー受付してます♪
名古屋・歓音セラピー受付してます♪
大阪・歓音セラピー受付してます♪
セラピーの主催者さん募集してます♪
お守りのご紹介です♪郵送可♪
お守りのショッピングカートです♪

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ








2015-07-21

お地蔵様をお持ち帰りした師匠。

師匠と私の対話形式で紹介したいと思います(*^^*)
私は僧侶ですが、普通の女性の心を持ち、女子的感性です。

師匠 「ヤマ、お地蔵様を拾ったんだよ、拾ったのはな、
祠に関わる人の家に、祀られていたお地蔵さんで、

朝 病院へ行く時に、途中寄り道をしていたら、
手を合わせてやって欲しいと人が言うので、
念誦を持たずにしたのが、間違いの元でした。
気を付けてください」

ヤマ 「いえ、心配は不要です。おっしょうさん、私はこれからそういうのに手を合わしません。」
←そういうのに関わる事自体がすでに嫌(笑)
訳ありモノは、ほったらかしにできず、しっかり面倒をみないといけないのです。

訳ありモノの代表は「刀」でしょうか、、

師匠 「まぁまぁ、そういうな、ワシはこういう事によく関わるタイプだが、
お前さんはそうでは、なかろうよ。
神仏だって人を選ぶさ(笑)」
←触らぬ神にたたり無しは本当です(笑)そして、
言う事を聞いて貰えそうな人を見えない世界の方も選びます。

ヤマ 「おっしょうさんは、話しかけるからダメなんですよ。」

師匠 「ワシだって断る時は断るよ。」←といっても常人ではない寛大さを持つ師匠。

ヤマ 「そんなに念誦って大事なんですね、」

師匠 「そうだよ。武器になり、時に防御になる。ワシはこれを持ってあの世に行くよ。
(お地蔵さんの)供養もこれで最後になると思う」
←大事そうに、自分の念誦を触る師匠

・・・師匠は棺の中で、その念誦を着けていました。
ふと思い出しました。

・・・私の念誦↓
048_20150721021305301.jpg
らら~♪
054_20150721022419f1a.jpg
るる~♪♪
055_2015072102274082d.jpg
・・・私が棺に入る時は、女子力全開にして貰おうと思います(笑)

師匠↓
blog_import_500474249ed24.jpg
弟子(ディズニーシーに想いを馳せる現在)↓
無題kojh igi
修行中は、可愛いアイテムを全く持たない(受け付けない)ストイックな服装でした(照)

クリックでページに飛びます(照)↓
セラピーの主催者さん募集してます♪
お守りのご紹介です♪郵送可♪
お守りのショッピングカートです♪

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

2014-05-30

3つのおにぎり。

師匠は何でも上手に出来る人でした。

ただ、一回だけ、私が
『師匠、、下手、、、。(嬉)』と、思ったモノがあって、それが師匠が握ってくれたオニギリです。

私と師匠の修行の日々が終わりの頃は、師匠の末期癌の体調もあって、私一人で、
行者の動きをする事がありました。

師匠は、師匠で私の事を心配しながら、
『一人でやってきなさい。いい機会だ。仕事が終わったらスグに電話しなさい。』と言いました。

私は全力で、昼から夜に事に挑み、フラフラと空腹の中、
師匠に電話しました。

ヤマ 『おっしょうさん、終わりましたよ、』←車の中から、

師匠 『うむ。分かった。ワシは○○まで出ているから、そこまで来てくれ。』

ヤマ『はい。』

師匠は、私の事が心配で仕方なく、日を改めて会えばいいのに、
夜の20時頃に私の様子を見に来たのです。

夜中に見る、抗がん剤でヒゲの薄くなった、弱って見える師匠を見て、物凄く切なくなったのを覚えています。

師匠は、何か袋を持っていました。

体調的な事もあって、やや元気のない笑顔の師匠でした。顔色は悪かったのです。

師匠『ヤマ、お疲れサンだったな、コレを食え、』←袋を私に渡す師匠、

ヤマ『えっ?』←ご飯を食べに行くと思っていた私。

袋を開けると、白いオニギリが三つ入っていました。
明らかに下手な、海苔の着いていないオニギリです。

ヤマ『おっしょうさん、、ありがとうございます。おっしょうさんが握ったんですか?』←一応聞く。

師匠『そうだよ、ワシが握った。オカズが無くてすまんな。何もなくて、、
仕事はどうだったか?』

ヤマ『うまくいったと思います。』

師匠『そうか。良かった。』

ヤマ『おっしょうさん、オニギリありがとう。』←バクバク食べる私。

おっしょうさんは、この日、仕事の事はこれ以上聞かず、
待ち合わせ場所から、師匠の家までの道、
日々の私へのアドバイスや、日常の話をしてくれて、

私はあっと言う間にオニギリを食べてしまったのですが(照)
塩で握っただけのオニギリの味と、
下手なオニギリの食感は忘れる事は出来ないです。

師匠は料理はとても上手でしたが、
和食はプロ並みで、
人にも振る舞う腕でしたが、

その頃は、夜になるにつれて、視力が落ちて、見えなくなっていく事があって、
多分、その時に握ったんだろうって思います。聞かなかったですが。

目が見えなくなると途端に、今まで上手に出来ていた事が出来なくなります(自分の経験上でも)

今、分かる事ですが、目が見える時と、見えない時に考える事、感じる事、想う事が
これ程まで違うとは知らなかったです。
私の師匠は、目が見えなくなっていく事を私に、ほとんど話さなかったのです。

ただ夕刻に、師匠が「あらら、目が見えなくなってきた(汗)」と急いで目薬をさす姿だけは何度か見ました。

オカズ無かったんじゃない。見えなくて、探せなかったんですよね。
あの時の言葉の一瞬の不自然さに今、気づくなんてなぁ、、、。

私の好物はオニギリ。ですから私の母はよく握ってくれて、それはとても美味しく上手なのです。

作りたては、海苔が着いていないのですが、
師匠のオニギリを食べて以来、
海苔を着けなくて食べる時があります。

なんとなく、師匠のオニギリを思い出しながら食べているのです。

身体が思う様に動かせなくなった師匠が、あの日、どんな想いで、
握ってくれていたのかと思うと、
涙が出ます。

師匠というより、一人の人を大事に想う人間として、
ほんの短い時間でも、私に会いに来てくれた事を、

私は弟子というより、一人の人間として、とても嬉しい思い出として、
この日の事を覚えているのです。

私自身もよくオニギリを握って外出します。理由は身体に良いからです(照)
そしてオカズも握り方も自由です(照)
005_R_20140526041344a56.jpg
予約を受け付けています(照)
クリックでページに飛びます(照)↓
セラピーの主催者さん募集してます♪
香川観音セラピー受付してます♪
広島観音セラピー受付してます♪
お守りのショッピングカートです♪

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ








プロフィール

ヤマ 行者です♪

Author:ヤマ 行者です♪
自分の道を信じて歩んでいます。
師匠達に恥じない自分でいたいと思います。
愛する方と出会えます様に♪

私がどういう系の
行者(僧侶)なのかはブログの
最初の方を見て頂ければ
分かって頂けると思います(照)

http://yamato818181.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

★歓音セラピー
修行で得た感覚を使い、
見えない世界のメッセージを
お伝えさせて頂く
セラピーをさせて頂きます♪
http://yamato818181.blog.fc2.com/blog-category-8.html

★頂いた感想です♪
http://yamato818181.blog.fc2.com/blog-category-14.html

私の作るお守りの紹介です♪↓
http://yamato818181.blog.fc2.com/blog-category-10.html

★滝行ツアーのご案内
山奥の聖域で僧侶同伴でなければ入れない滝行ツアーのご案内です♪
http://yamato818181.blog.fc2.com/blog-category-8.html

★羽の会

私の人生の中で得た
心や言葉感じる事で
お話をさせて貰いながら、
幸せな人生を開いていく
お手伝いをさせて頂く
会をしています(*^ ^*)↓

http://yamato818181.blog.fc2.com/blog-category-11.html

フェイスブックです♪
http://www.facebook.com/yamako333

ツイッターです♪
http://twitter.com/Yama3gyoujya

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR