子連れ狼

ヤマ子は珍しく時代劇を見ました。

「子連れ狼」王道ですね(照)
その名の通り、お侍さんが子供を籠にいれて押しているのです。

私はよく知らないのですが、人斬りの男性が主人公なのかな?
子供はその男性を「チャン」と呼びます。

設定的に無理があったなぁ~(笑)
どうやって、育ち盛りの子供の栄養をまかなっているのかとか、
人を斬っても全く血が出ないとか、刀で即死過ぎるとか、
カツラの後ろ姿が、カツラ丸出しとか、

もうちょっと、テレビは緩くみて楽しまないと(笑)と思います(笑)

また、ヤマ子の見た回が、よりによって、掟にがんじがらめにされて、
自分の好きな様には生きれない女性達の話しで、
最後、その中の女性が死んじゃうんですが、

ヤマ子号泣しました。
私もそうなる訳では無いんですが、その悲しさは完全に理解できるのです。

私は行者柄、今生だけの人生経験だけでは足りない経験や想いを
自分の過去世達から補っています。
それを眺めると、女性として、とても悲しい想いを沢山しているのです。

それを今から忘れる事は出来ないですが、もう終わった事とはいえ、
自分の人生がそうであった事は切ないものです。

自分と深くかかわり合った人とは前世で何かかしらご縁があるというのは、
私はそうだと感じています。

私の師匠とも、その仲良くなり様は、実の親子に間違われる位仲良かったので、
なんか前世であったと思いますが、
師匠の場合、前世でどんな関係であったとかまったく興味がないです(笑)
不思議な位どうでもいいなぁ(笑)

多分、紐解かなくても充分愛されているから、だと思います(笑)
現実的にシッカリと絆が出来ていれば、過去世は特に気にならない。
こういう感覚が普通なのかな(照)

知った所で、関係性はどうであれ、今と変わらない愛情なのは分かっているからかな。
そうなんだろうな、多分。

私の師匠は人の前世を知る事はよくありましたが、それを本人に話している姿は
見た事がないです。
あくまで現実的な視点で、現実的な話として、そして本人が進歩できる話にして、
話していました。

で、こそっと私にだけは真実を話してくれたのです。
これこれこういう事だよ、だからこうなっている。って。

知らない触れない方が幸せな事ってあるって私は感じています。
行者をしていると、いつも知り過ぎる方なので、よりそう思います。

明日は京都での観音セラピーです(照)
いいセラピーが出来ます様に、、、
がんばりますよ~♪♪♪

写真は総本山での師匠、総本山には広ーい宿坊があります。
blog_import_50048d6b585c1.jpg
予約を受け付けています(照)
クリックでページに飛びます(照)↓
セラピーの主催者さん募集してます♪
京都観音セラピー受付してます♪
神奈川観音セラピー受付してます♪
(携帯用)神奈川観音セラピー受付してます♪
福井観音セラピー受付してます♪
広島観音セラピー受付してます♪
福岡観音セラピー受付してます♪
お守りのショッピングカートです♪

今日も読みましたよ♪


応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ






コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)