生きる。

今日は町中で、白杖の杖を着いた方を三人見かけました。
一人は私の不注意でぶつかってしまったのです。
こんなに、目の見えない方々って、見かけるものなのかな、。

私は今、師匠の想いを思い出すのですが、たまに、頭が頭痛を起こしそうになります。
大事な人の想いには応えたくなるからです。

私は自分の人生を生きると決めたからです。
これは人生の捉え方という意味と、
他の意味もあります。

私は修行中、自分の命はもうどうでも良い時が、ありました。
当時、私は人生に自分の幸せは無いと思っていました。
そうゆう約束で、行者になりましたから。(今は違います。詳細はブログ前半の方に書いています。)
むしろ、無理をして早く死ねるなら、それもいい。と思っていました。そんな時の師匠の言葉です。

ヤマ『おっしょうさんは、自分の選んだ人生をどう思います?』

師匠 『ワシは、人の為に生きる人生を選んだ。それを、辛いと思った事はあるが、
後悔をした事はないよ、お陰で、お前さんに出会えたしな。

全てを捨てて、自分の生きたい様に生きたいと思った事もある。

だかな、ワシは自分の道を信じていて、今のワシに出来る事に感謝しておる。

お前には、ワシの力が必要だ。
そして、それが今のワシの生き甲斐。

ヤマ頼むよ、生きろ。
お前さんに会えて本当に、ワシは嬉しかったんだよ。

いいか、お前は自分の人生を幸せに生きるんだよ。

誰よりもお前には幸せになって欲しいんだ。』←独り言の様に発音しながら、私に真剣に話す師匠。

ヤマ『はい、、』

私は、涙ぐんで、頷くのが精一杯でした。

こうして、どれだけ大事に大事に育てて貰った事を、
自分の全て、何も惜しまず、私に注ぎ続けてくれた事を、

想い出せば、だす程、
涙も出ますが、

おっしょうさんが、私にかけていた私の行者的活躍という意味での、願いや望みを叶えようと思うんですが、
それが、自分の生きたい人生なのか、よく考えているのです。

私は行者の人生に、好きや嫌いの感覚は無いです。
ただ、修行は自分を捨てて、やり過ぎたとは思っています。今の時点ですが(照)
普通の女子的思考で、そう思います。

私は今、楽園に行きたいです。
心の楽園と、この世界にある、私が楽園と感じる場所に。

生きるからには、自分にとって「最高」な人生を。
そう考える私です^^
blog_import_50047460b46f7.jpg
予約を受け付けています(照)
クリックでページに飛びます(照)↓
セラピーの主催者さん募集してます♪
香川観音セラピー受付してます♪
広島観音セラピー受付してます♪
お守りのショッピングカートです♪

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ















コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)