師匠の人格。

師匠の人格について、たまにですが、自分(ヤマではない)の師匠はこうで、ああで、、、
と私に質問される方々がいらっしゃるので、ここでお話ししたいと思います。

まずですが、これは私個人の考えです。自分の経験でそう思う事です。

師匠と合わない、、、とある時から感じて、離れていった師弟関係、というのがあります。
それは、お互いの道が違う方向になっていっただけで、
それぞれの道を行けば良いのだと思うんです。

ずっと信頼していた気持ちがあった分、せつない気持ちも分かりますが、これは
師弟に問わず、どの関係でもある事だと思うんですよ。

師匠の言動そのものがどうかと思う状況になり、離れた場合。
離れられてラッキーだと、、、
もう、自分が尊敬していた頃の師匠と比べても、意味の無い事で、

変えられないモノに目を向けず、自分のこれからにプラスになる事を実行していって欲しいと思います。

人の心の世界を語ったり、その道での秀でた能力というモノがある方ならば、
人格者である事は必須で、
その道を学びたいと思うならば、
能力よりも、人柄を見て、その方の側に行く事をおススメします。

私の師匠は素晴らしかったです、最初から最後まで。
人柄が素晴らしかったのです。ですから、付随しているモノも素直に受け取れたのです。

私はこうして、最初から最後まで、面倒を見て貰わないと、育たない人間だったから、
師匠もこういう師匠だったと思うんですよ。

私の見てきた限りですが、弟子と師匠が居て、師匠がどうであっても、師匠がどう変化しても、
弟子がちゃんとしていれば、途中で離れても、ちゃんと進めていけると思うんです。
大事なのは、自分かそれからどうしていきたいかの、意志だと思うんです。

私の師匠は、分かりやすい師匠ですから^^
よく 「師匠とは、、、?」と聞かれるのです^^
blog_import_5004748e2de35.jpg
予約を受け付けています(照)
クリックでページに飛びます(照)↓
セラピーの主催者さん募集してます♪
癒しスタジアムin大阪 参加します♪
大阪・歓音セラピー受付してます♪
お守りのショッピングカートです♪

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)