決断した理由①

竜馬伝を見てます。今日はかおさんという方が、兄の命と引き換えに、

竜馬との恋をあきらめるという話でした。


私にもそんな事がありました。それを書きたいと思います。


師匠と出会って一ヶ月程してから、

「名前をつけよ、そうすれば(師匠の)命をながらえてやる」

誰っ!?って感じですが(笑)、神様が私に話し掛けました。


私はそれを、師匠には話さず、ずっと未来、私がいずれ結婚して、ずっと先に

師匠が弱った時、私が名前をつければ、師匠の寿命が延びるんだと思っていました。


それから、すぐに師匠が

「伊勢神宮の神様がなぜか、来いと言っている、近い内に行こう」と私に言いました。

理由はわからないと、


私はすぐに、神様が私に話し掛けた事を言いました。

師匠は驚き、半日かけて、この事について話し合い、もう二日後には、

新幹線で伊勢神宮に行く事にしました。


つづく


写真は師匠↓師匠の前のお弟子さんの最後の言葉は


「おっしょうさん、お陰で楽しかった。ありがとう」


行者街道まっしぐら





読んで下さった方♪ボタンを押して頂けると嬉しいです♪→ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)