決断した理由⑤

勿論相談する人はいませんでした。



師匠に師匠の寿命の話は何度か話してみましたが、それが師匠の記憶に残る事はなく、

師匠は、自分が死んでから、

私が行者になりたい時になれる様に手配をしていました。



けど、目の前でみるみる弱っていく師匠を見て、私は自分で決断をしました。


ずっと病で、思う様に恋愛ができず、女の幸せというのは、私にとって最高に望むものです。



でも、師匠の命も延びて欲しかったんです。



私が一番望む幸せと、師匠の寿命、私は師匠を選びました。



これが、私が行者として一線を越えた本当の理由です。



私の事を知る人は、私がどうして、こんなに行者である事を、重みに思うのか、分からなかったと思います。

なった理由がこれだからです。

あと、行者ならではのアレコレと(笑)



私としては全く笑えません(笑)



けれど、私は信じているんです♪

厳しい行者街道、心の支えになってくれる方と、きっと神様はご縁を結んでくれると♪

間違いなく、私はその方が心強くなると思いますし(笑)一人は嫌です(笑)



ある方は、こう言ってくれました

「それはお試しだったのだと思いますよ。それ位の心をくくった覚悟を持って、

それでもこの道に来るかってね、」



ちなみにS医師だけには相談しました。両親に内緒で行者になる事を、どう思うか。

S医師は、個人的に答えてくれました。

「なればいいと思います。」



私は今、全く後悔はありません。

行者になる決心を師匠に話した1週間後、師匠のガンは医者がこんなの見たこと無いという程、消えたのです。



けど(笑)たま~に、私は行者になってなかったら、、、と想像する事はあります(笑)



写真は↓行者街道を行く私(笑)がんばれ~!(笑)


行者街道まっしぐら



読んで下さった方♪ボタンを押して頂けると嬉しいです♪→ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

コメント

1. 知りませんでした

行者になるっていうことが、こんなに決意のいるものだとは・・・無知でごめんなさい。

そうですよね・・・私も女性ですから、迷う気持ちも十分わかります。
相当な覚悟だったと思います。
ここまで、一気に読んでしまいましたが、とても、不思議な話ですね。でも、地に足がついているような・・・私には、どの話も新鮮です。

2. Re:知りませんでした

>みじんこaさん
読んでくれてありがとうございます♪

行者になる過程は人それぞれですが、私は
こうでした(笑)
師匠は地に足がしっかりついているだったんですよ☆

3. 乗り越えるべき山一つ

どうもそっち系に遊び半分で行こうとすると、眼前で扉をピシャリッ!!と閉じられますね。
私も以前、軽いノリで入ろうとしたらやられました。(;^_^A

今は、確固たる意志を持って入ることが出来たので受け入れられたようです。

ヤマさんが思うとおり、私もヤマさんと共に生きて行ってくれる人が現れると思います。
大丈夫ですよ。
でも、行者になってくれたからこうしてネットを通して出会えた訳で・・・
とても嬉しいです、感謝!!

4. Re:乗り越えるべき山一つ

>ともドモさん
遊び半分は一番危ないですね、

あはっ♪私と共に生きてくれる人♪
ありがとうございます(嬉)

そうですね、ネットを通してじゃないと、
出会えない出会いに感謝です。

5. 無題

頑張りましょうね(*^_^*)♪

あいらぶゆー♪

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)