2017-07-06

狐のお面。

私が行者になる前の話です。

やたらと私の話し方を、注意してくれる人がいました。
それは、その時々に女性の鼻に付く、、
簡単に話せば、

頭が悪く見える話し方ををちょっとでもしたら、

すかさず、その話し方はやめなさい。
と言う人がいたんですよ。

当時は、何この人と思いましたが、
今は感謝。
この人のお陰で、よくない話し方をしなくなりました。

その人がある時、不思議そうな顔をして、
私に言いました。

その人『なんかね、昨日私の家の二階の窓の外に
狐のお面を被った白い着物を着た人が
いて、覗き込んでたの。』

私には心当たりがあります。

その人『でね、私を見たら消えていなくなった。なんかね、
ヤマちゃんに会う私を見に来たって、
そんな気がしたの。
一瞬ビックリしたけど、怖くはなくて、、』

複雑な表情を浮かべてそう話しました。

当時の私は、霊感が強いと自分で思っていて、それを無くす方法を探している時で、

『不思議だね』とだけ答えました。

狐のお面を被っているのは、顔を火傷しているからで、
一度、私の夢の中で会っているのです。
私に頼み事をされました。

それ以上は謎ですが、

そのビジュアルで怖くない。と感じるのは、悪い存在ではないという事だけは
分かります。

私も、夢の中で全く怖いと思わなかったのです。
それは、私に気づいて、私に気を遣って、
火傷の顔にお面を被る仕草で、
そう思ったのです。

不思議な夢や、その夢が現実とリンクする事。

実はよくあって、人はそれを話さないだけの様に思います。

不思議な経験って謎解きが自分で、出来ない事ってありますが、
今、その気配を感じていないなら、特に問題はないと私は
思っています。

そして、その経験をした後に、してはいけない事は
何度も何度も思い返して、深く考えてその体験の中の何かを
再び自分の所に呼び戻す事です。

この話と似通った話として、写真に写った、今なら写メですね、
不可解なもの(なんか気持ち悪い系)を
珍しいからと存しておくのは良くない事です。

私自身が行者になり、そういう世界と関わって体験してきて、
私の基本的考えは『触らぬ神に祟りなし。』です。

更に話すと、先祖供養と称して、霊的もしくは神的な事に没頭すると、
その人を先祖というなら自分も先祖と、芋づる式に
どんどん供養して欲しい魂が集まってきて、
自分が人として、人らしく生きる時間が減ってくるパターンが多いので
気をつけて下さいね。

この写真は私の師匠ですが↓見る度に
ゲームにでてくる、出会うとヤバいキャラクターに見えます(笑)
blog_import_500474249ed24.jpg
クリックでページに飛びます(照)
明石・歓音セラピー受付してます(日程時間応相談)♪
香川・歓音セラピー受付してます♪
セラピーの主催者さん募集してます♪
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヤマ 行者です♪

Author:ヤマ 行者です♪
相談専門の僧侶(尼さん)です。
師匠達に恥じない生き方をしたいと思います。
愛する殿方と出会えます様に♪

私がどういう系の
行者(僧侶)かはブログの
最初の方を見て頂ければ
分かって頂けると思います(照)
なれそめはこちら

修行で得た感覚を使い、
見えない世界のメッセージを
お伝えさせて頂く
セラピーをさせて頂きます♪

クリックして下さいね↓
歓音セラピー

頂いた感想です

私の作るお守りの紹介です

主催者募集

フェイスブックです♪
ツイッターです♪

お話をさせて貰いながら、人生を更に開いていく
★羽の会

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
9位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR