2017-07-11

書写山で師匠発見③

そして、円教寺を後に、今度は下りの道を歩いて戻ります。
046_20170709072535597.jpg
ばいばい円教寺♪ヤマ子の心境を写真に書いてみました(照)
048_20170709072537e00.jpg
ヤマ子は、高僧の立派な師匠を持ち、修行をしてきた僧侶です(一応)
横の売店でソフトクリームを売っていたのです。(照)
ちなみに、スーパーで売ってるやつ(ボソ)

西の比叡山と称され、多くの僧侶が修行したという書写山。
私も僧侶の端くれ、この方々の綺麗な想いを、
私がどんなに神仏に対して怒りに震えた経験があっても、
けなしちゃいけないなと思います。

今は、心が戻った私ですが、
人それぞれ、大なり小なり良いも悪いも
日々あるのが人の人生で、
良い時は感謝して、その時間を満喫し、
辛い時は
神様は意地悪をしているのではない。
と思い出して、その時間を最小限にして欲しいと思います。

そして書写山でロープウェイまで下る道に、
苔と太陽の光と、いい感じに時代を重ねた建物が
なんとも言えない崇高な方が住んでそうな雰囲気を漂わせていました。
049_20170709072538774.jpg
この様な感じの道を下ります♪↓
053_201707090725399fa.jpg
すると、突然エルサレム先生が
『あっ!!これは、、、』
そこには、道の太陽がガンガンにあたる場所に
とって着けた様に不自然にいる干からびかけた
カタツムリがいたのです。
055_201707090725410af.jpg
けっこう道の中心部にいて、なぜこんな移動を
してきたのだろうという感じでした。
もしかしたら、木から落ちたのかもしれません。

カタツムリといえば、夢の中で師匠がカタツムリに転生している夢を見てから、
その記事はこちら↓
後悔。

その後スグに行った高野山でも、カタツムリになった
師匠の気配を感じる経験をして、
その記事はこちら↓
うろの中。

ですので、単にカタツムリと思えず、
湿気ている場所へ移動させてあげました♪
057_20170709073715ace.jpg
指にくっつこうとするので、必死に阻止しながら写メ(笑)
殻は良いけど軟体はダメ(汗)
インターネットで軟体にはバイキンが一杯って書いてあったの。

そして、湿気しけの場所だよ♪↓
058_2017070907371755e.jpg

059_20170709073719793.jpg
↓おっしょうさん、(、←私は師匠をこう呼んでいました)
060_201707090737201df.jpg
気持ちがホッコリしました(*^^*)

神様と話し、人の魂とも話をする師匠でしたが、
厳しい運命を知った師匠は、
『ワシは神様の言葉より、人の力を信じる。』
そう言った時があって、
その時の静かな師匠の横顔は、
鮮明に覚えていて、
その時は余り腑に落ちなかったのですが、

今は私も師匠と全く同じ考えになっています。

人と神はいい距離感というのがあって、
それが人里と山なのかもしれません。

誰が何を言って、それを聞いても、
どんな状況でも、
運命を切り開く人の力を信じる事が大事で、

その力が弱った時、人は充電しに、
出かけるんだと思うのです。

つづく。

クリックでページに飛びます(照)
明石・歓音セラピー受付してます(日程時間応相談)♪
香川・歓音セラピー受付してます♪
東京・歓音セラピー受付してます♪
セラピーの主催者さん募集してます♪
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヤマ 行者です♪

Author:ヤマ 行者です♪
相談専門の僧侶(尼さん)です。
師匠達に恥じない生き方をしたいと思います。
愛する殿方と出会えます様に♪

私がどういう系の
行者(僧侶)かはブログの
最初の方を見て頂ければ
分かって頂けると思います(照)
なれそめはこちら

修行で得た感覚を使い、
見えない世界のメッセージを
お伝えさせて頂く
セラピーをさせて頂きます♪

クリックして下さいね↓
歓音セラピー

頂いた感想です

私の作るお守りの紹介です

主催者募集

フェイスブックです♪
ツイッターです♪

お話をさせて貰いながら、人生を更に開いていく
★羽の会

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR