往復書簡③

ヤマ 「Kさん、聞いてみたかったのですが、
もし話せるなら、教えて下さい。

私に死は何も生まないと言ってくれましたが、家族の死を、どんな風に
いま捉えているんですか?

私は人にはちゃんと心が癒える様に話しますが、
話してる事と私の心は同じではない時があるのです。

酷な話しに、
ただ手を握って聞いて、その方の心に添うだけの時もあるのです。

行者をしていると、色々思います。」

Kさん 「ヤマさん

お祈り、本当にありがとうございます!

Tさんは少しそっとしておいて欲しいとのことで、私も今会うのを自粛という形になります。

今近くのファミレスでこのメールをしています。

家族と最後に入ったファミレスに、入れるようになった自分の成長に驚いています。

> 私に死は何も生まないと言ってくれましたが、家族の死を、どんな風に
> いま捉えているんですか?

私は、当時、自分の人生の過酷さに、
神も仏もないととにかく誰かを傷つけることで自分を癒す毎日でした。

結局、誰かのせいにして生きることが楽だったのです。

自分の責任であることを、自分抜きで考えることが楽だったのです。

結局、自分で選んできた人生です。
誰のせいでもありません。

だから、今は誰も恨んでいませんし、日々の出会いに感謝こそすれ、
哀しみに打ち拉がれる悲劇のヒーローを気取ることもありません。

「自分を救うのは、人じゃないよ。自分を救うのは、自分だよ。」

これはTさんが私に言ってくださった言葉です。

「自分のことを苦しみの絶頂にいるなんて思わなくていい。
苦しみの絶頂を体験し終わったら、次は幸せの絶頂にまで行ける。
絶頂に軽くタッチしてすぐにそこから走り去れ!」

とも言ってくださいました。

友達がきましたので、いったんここで送信します」

ヤマ 「Kさん^^話してくれてありがとうございます^^

私自身はこれを私が選んだ人生なのかと、
まだ割り切れてない様な所もありますが、
Kさんの考え方と今にとても、納得が出来ました。
ありがとうございます^^

そうして思うんです。心に深くくるなぁって。

写真に写っているのがKさんですか^^?
とても熱いヤツで、誠実な人柄だと、Tさんから聞いています(照)(嬉)

〇〇は素敵な所ですね^^私は雪国は暮らすのは大変だと聞いていますが、
雪景色は大好きなんですよ^^」

Kさん 「ヤマさん、

ご報告です。 今日、Tさんに会いました^^

肺炎で入院してました。過去形です。
元気に病院を出まして、
なんとなんと、Tさんの病状、いろいろあるにも関わらず、
とってもとっても良くなってきています!!!!!!

〇〇の雪は美しいですよ。静かで気持ちがいいです。
雪国で暮らすことが大変だというのは、雪かきと、車の運転のことを言います。

でも、昔より多くは降りませんし、雪が降ると寒さはあまり強く感じません。
逆に、温もりを感じます。

私はこの〇〇に産まれて良かったと思います。

いい思い出がいっぱいあります。

悲しい思い出もありますが、過去は今に繋がる良いサインと思っていますので、
結局はいいことに繋がる思い出として存在しています。

K」

・・・日々の出会いに感謝こそすれ、
これに尽きます。

私は私が行者の道に生きなければ、出会えなかった方々と出会えていて、
自分の生き方を否定すると、出会いも否定する事になり、
それは出来ないのです。

私と出会ってくれた方々、これから出会う方々、
ありがとう。

物事は、どの方向から見るか、ですよ(*^^*)

私の描く絵、意識はとくにしてないのですが、
骨を描いている事がとても多いのです。
骨とは、死と生の象徴の様に思います。
001 (2)
クリックでページに飛びます(照)
明石・歓音セラピー受付してます(日程時間応相談)♪
東京・歓音セラピー受付してます♪
大阪・歓音セラピー受付してます♪
岡山・歓音セラピー受付してます♪
神奈川・歓音セラピー受付してます♪
セラピーの主催者さん募集してます♪
霊障相談窓口
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)