激戦地紹介のテレビに入る声。(ちょっと怖い話)

蒸し暑いですね、今日は風がありますが、
風があると、何か飛んでくる事はあるので、
外出する方はいつもより、周りを見て、音楽を聴きながら
歩かない様にして下さいね。

人が教える注意「危ない!」が聞こえない状態は良くないです。

私の部屋のエアコンは、冷たい風がでない故障中で、
修理待ちです。
ちょっと気温を忘れるお話を、

私は、師匠から、
激戦地、悲劇を極めた激戦地跡には、
なるべく行かない様に言われています。

行くなら、作法をする様にと。
それは、到着してから、その土地の神様に、
〇〇の目的でここに来たので、ご加護を宜しくお願いします。と
挨拶をする事なのですが、

父がテレビを見ていて、私はそれを時間がずれての、
自分だけの食事ついでに見ていたのですが、

激戦地を、悲劇のあった現場で、
現地の生き残りの方と共に紹介する、
という内容で、

悲鳴が聞こえるのです。それは、凄くハッキリと、
それは現在によく聞く様なものではなく、
人が極限を目の前にして、
もしくは死にゆく極限中に出す断末魔の声なのです。

これは、私は師匠といた修行中に聞いた声で、
亡き方の恐ろしい雄叫び、
こうゆうものには、関わってはいけないと、
凄く感じた経験です。

見えない何かが分かるなら、
殺人事件の捜査に、協力して解決すればいい。
できないのはおかしいですよ、
という話を聞いた事がありますが、

関わってはこちらの身が持たない。というのが、
答えなのです。

話は戻り、

あまり多くの方が見る番組ではないと思うから、
話題に上がる事はそうないと思うのですが、

戦争という悲劇に触れる事は、折々には良い事だと
私は話してきましたが、
ちょっと、考えてしまいました。

戦争という事実を知る事は、平和の善さを知る為に、
いい事には変わりないと私は思っていますが、
霊的なものを察知しやすい方は、
触れない方がいいのかもしれないと思いました。

悲劇が起きたそのまま、その瞬間の状態で、
その場に留まっている魂は、稀にいるのです。

ついでに話すと、今は動画がみんなが好きに投稿できて、
氾濫していて、
見てはいけない動画だと思ったら、スグに閉じて
見ないで欲しいと思います。

私個人の話ですが、
携帯で、世界中の方がランダムに投稿した動画を見る事がよくあって、
一番最初の静止画と、簡単な説明を読み、
興味があれば見る。という下に画面を動かしながら選ぶ動画集なのですが、

勇気ある行動動画、みないなのも私は好きで、
溺れた人を助ける、そんな雰囲気の動画画面をクリックしたら、
溺れた人が蘇生せず、亡くなってしまう、その一連を、
とても鮮明な映像で見てしまい、

非常に暗い気持ちになっただけの事がありました。

皆さまも、映像が氾濫する今、
見る映像を、ちゃんと選んで、腑に落ちない予感がしたら、
そこでストップし、見ないで欲しいと思います。

世の中には、人を悪い方向へおとしめたい意志で
作られた動画もあります。

インターネットは、私は車の様なものだと思っています。
便利だけと、常に事故しない様に気をつけないといけない。
メリットの方が大きいと感じているのですが、、

今日は、ちょっと気をつけて欲しい話をしてみました。

私の師匠↓(深夜の破壊の護摩の時)
※ 破壊の護摩とは、古いお札や、いわくつきの物を焼いたりする護摩行です。
・・・ちなみに、この護摩行時に写真を撮ると、
誰もが見て分かる、この世の方ではない方が写る心霊写真が撮れたります。
blog_import_500474249ed24.jpg
破壊の護摩行↓
blog_import_50048de890097.jpg
クリックでページに飛びます(照)
明石・歓音セラピー受付してます(日程時間応相談)♪
大阪・歓音セラピー受付してます♪
博多・歓音セラピー受付してます♪
名古屋・歓音セラピー受付してます♪
東京・歓音セラピー受付してます♪
霊障相談窓口
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)