博多行脚レポート②武雄温泉

武雄神社は、最寄駅から徒歩で20分位で、
バスは1時間に1本だそうです。

という事で私は歩きましたが、今の酷暑の中、
歩くのはしないで下さいね。

博多で武雄神社に行って、そこにあった、とても大きな樹齢推定3000年の
クスノキさん↓
この木の根っこの部分の空洞の中は十二畳のスペースがある巨木なんですよ。
029_20180718141138849.jpg
ヤマ子は、以前、四国の主催者さんの方に、
日本一の大杉さん(こちらも樹齢3000年)に連れて行って貰ってから、
巨木が好きになり、好きで観に行く様になったのです♪
031_2018071814114062d.jpg
巨大なイオン癒し気発生機みたいな、なんか癒し気がでているんですよ。
030_20180718141138c00.jpg
こちらは、木まで距離があって、柵から撮影すると小さく見えますが、
「パワー頂きますっ♪」って両手を広げている方がいて、
気持ちは分かりました(*^^*)
025_2018071814113563d.jpg
余談ですが、関西に帰ってきて、目を閉じて眠ろうとした時に、
武雄神社の茂る木々の中の一本だけが、
踊りまくる様に激しく動いている映像が視えたのです。
歓迎されていた事を、感じて嬉しかったです。

神社の中で、風もないのに、何処か一部分揺れている時は、
神仏の歓迎の事がほとんどなんですよ(*^^*)
038_20180718141141b1e.jpg
私は僧侶ですが、色々な体験上の想いの中で、
素直でない所があるのですが、お陰で素直になってきているみたいです(*^^*)

ここは、何かを吸い込む所なイメージで、
沢山深呼吸してから、
武雄温泉に向かいました♪

良い温泉を兄者に聞いて、その中で風情が良いと
評判の温泉です。

到着↓
風情ある入口で、旅に来た感が上がります♪
047_201807181422415db.jpg
立派な入口の中は↓
050_20180718142243478.jpg
温泉が隣同士で何軒も並んでいて
052_20180718142243ba8.jpg
好きなタイプに入るか、もしくは、何件も温泉めぐりをする感じで、
053_20180718142245201.jpg
私が、この温泉の中で日帰り温泉の中では日本一古い
一番人気の元湯に入りました(*^^*)
054_2018071814224617a.jpg
私が到着した時は誰もいなくて、撮影♪
入ると、体がぬるっとする美肌の湯ですよ(*^^*)
天井がすごく高くて木造で、
「千と千尋の神隠し」のお風呂みたいな雰囲気でした(*^^*)
055_20180718142848ab3.jpg
056_20180718142850b4a.jpg
ここでしかない雰囲気の温泉に入るのは
とても良かったですよ♪
057_2018071814285043a.jpg
ここで、想った事は、凄く暑い中、一生懸命歩いて(武雄神社から)
熱い温泉に入るのは、けっこうヤバイという事です(笑)

来たからには、入りまくり(笑)
元湯は、水ぶろも、冷えるスペースも脱衣場以外ないんですね、
そして、蛇口から出る水も、ぬるくて、
冷えないまま、何度も温泉に入ったので、

湯あたりしました(笑)←食欲をなくす程度ですが、

この記事を読んで、武雄温泉に行くという方がいらっしゃったら、
今の時期でしたら、脱衣場の涼しさをしっかり利用して欲しいと思います。

そして、私が博多に行った時期は、本当に偶然で、
お祭りの時期だったのです。
066_20180718143913fe1.jpg
私はこんなにも本格的な伝統祭りを見るのは初めてで、
京都の祇園祭りはありますが、こういう血気盛ん系は初めてでした。
067_20180718143912f49.jpg
もう、街の興奮、街の男衆の表情の高揚、
博多では、兄者から聞いたのですが、
この時期にはどの会社も休んで祭りに参加するのが普通で、
祭りを理由に休ませてくれない会社はダメだと言われる位、
街全体で力を入れているものだそうです。

ヤマ子の目線から感じた事ですが、本当に凛々しく男らしい
九州男児という方々ばかりに見えました。
ヘアスタイルが決まっているお洒落男子系はいなくて、
武道系の大会系の男性達が皆、外に出て
祭りの準備をしているのです。

昔ならではの縦社会の感じも凄くして、
驚く程、秩序は守られ、「THE・日本美」といいう感じでした(*^^*)
065_20180718143910bb2.jpg
旅というのは、色んな目的がありますが、
私は、今、作っているものがあって、それが決定した次の日に博多に行って、
兄者の整体院の玄関に決定したものとそっくりなものを見たのです。

よくある様なものではないので、
一緒に作っている方に連絡して写真添付して驚いていたのですが、
正解を感じて、素直に喜べました(*^^*)

こうしてお祭りの特別な時期にも来させて貰って、
ありがたいなと思いました。

何より、温かく迎えてくれた兄者夫妻に感謝です。
私の心がふと、懐かしい気持ちになる事があって、
兄者はいつも雪駄を履いていて、大きな体に作務衣を着ていて、
私の師匠もいつも雪駄だったから、
歩く独特の音に、横を歩く雰囲気に、
なんともいえない弟子でいた時の気持ちを想い出すのです。

兄者はとても人格者で、博識で、話をしたり、冗談を話したり、
存在しているだけで、私には善い影響の方です。

兄者の奥様も、よく笑う方でとても涙もろく、
とても仲よい兄妹の様な仲良さで、
誰からもとても好かれる素敵な方なんですよ♪

私はこの二人を、とても大事に思うのです(*^^*)

ご縁の不思議にも感謝です。

つづく。

クリックでページに飛びます(照)
明石・歓音セラピー受付してます(日程時間応相談)♪
大阪・歓音セラピー受付してます♪
名古屋・歓音セラピー受付してます♪
東京・歓音セラピー受付してます♪
霊障相談窓口
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)