三輪参り 参拝前② に見た夢

つづきです(*^^*)
三輪参りに行く日が決まった途端に頭痛がして、
仮眠した時に見た夢です↓
山の上に鳥居があって、「ここに居ますよ感」が
凄いのです。
無題jijiji
三輪参りをしに、三輪山に行くのですが、入り口が無く
何処から入るんだろうと思っていたら、

山の頂上にある鳥居から
「文句を言わずに参るがよい」
と声がしたら、とつぜん入り口が開いたのです。
kokok.png
見た目で説明すると、
白い糸の集合体の様な、
そうめんの塊の様にも見える壁の様な結界が張ってあって、
oikoikokl.png
それに隙間が出来て、そこから入るのですが、
iokokpok@p.png
気がついたら、山全体が神社であるその神社の屋根の上に乗っていて、
どうやって下に降りるんだろうという夢です。
kokpkop.png
そして、夢の中でこう思います↓
oikoikokl_20190104172727c9c.png
山全体が神社という所なんだと思いますが、

三輪参りする前に、高松歓音セラピーに行っていて、
お世話になった高松の夫妻も大変な人生をそれぞれ歩まれて、
一緒になり、
私も大変な想いをした話をしていて、
神様へのあれこれ話していたのを三輪の神様は聞いていたのだと思います。

私は、当時の話をすると、当時の気持ちが蘇り、
神様に不服の言葉がでますが、
今は過去の話になったので、言葉の温度は、軽いものになりましたが、
神様は、そう言われるのは、目的あってこそした事なので、
文句は言うのを良しとしない様です。

人生に失望して、そこから生きるのは大変でしたが、
神様達が、私をその域から出そうとしてくれているのはその時から分かっていて、
色んな方から、私は力を頂き、今の私は今の私です(照)

三輪の神様は、物凄く威厳があり、
私の言葉で説明すると、
下界の人間に話す感が凄くあるのです。

どうやったら、何がそうなって、
そんな威厳ある存在になるんだろうと私は思います。
ここは学者的な視点でそう思うのです。

最初から神様では無かったと思うからです。
何も分からない存在があって、それがどうしたら、
そんな風な存在になっていくのか、

神 「色々と物事が分かり過ぎると、幸せを感じにくくなります。
だから貴方は、〇〇(名前)にそれを伝えない様に。」

ヤマ 「って事は私は?幸せを感じにく、、」

神 「・・・・」←無言の圧

・・・そんな会話を思い出しました(照)
どんな事もその反対側はセットですよね。

この会話に関してですが、分かり過ぎるというのは例えると、
お肉を食べると、処理された時の生き物の様子を生々しく感じて、
今までの様に単純にお肉美味しいと思いにくくなる話が分かりやすいと思いますが、

どのジャンルを頑張っていても、
職業病の様なものってあると思うんですよ。

神様って幸せなんでしょうか、聞いた事がないから知らないですが。

私の今は、幸せはとても感じやすい方だと思います(照)
自己申告ですが、私なりに大変な想いを沢山して、
その逆側のありがたさがよく分かるからです。

私は夢から目覚めて思いました。
三輪山に入れたものの、
「日々の無礼者(怒)」と上から蹴り落とされるかもしれないと、
ちょっと思ったり(笑)

つづく。

クリックでページに飛びます(照)
(常時受付)明石・歓音セラピー受付してます♪
主催者さん募集中です。
大阪・歓音セラピー受付してます♪
京都・歓音セラピー受付してます♪
東京・歓音セラピー受付してます♪
広島・歓音セラピー受付してます♪
神奈川・歓音セラピー受付してます♪
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)