ヤマさんの好きな所。

歓音セラピーに来て下さった方から話の中で、
こう言って貰ったのです(照)

「ヤマさんの好きな所は、自分を凄そうな人に話さない所もあるんです。
自分をその人よりも、優れている様に話す人っていて、、」

・・・ちょっと、今書いて思ったのですが、私は本当に自分が
凄いと思っている事はなく、これは言って貰った事なんですね。

私は自分を変っている人生だったという自覚はありますが、
自分がその人よりも凄い。という感覚は全く無くて、
私の特徴というのはありますが、それってみんな持っているじゃないですか、

いつも何か、きっと死ぬまで追いつく事は無いと思うのですが、
受けた想いに報いらないと、という意識が凄くあるのです。

私は自分に希望と、命。懸けて貰った人生だったと思っているのです。

そして私自身が助ける事が出来なかった人もいて、その無念があるのです。

そんな想いの中、自分に何が出来るか、しか考えないですよ。

言われてみると、優越感が好きな人もいますが、
優越感で得る満足や幸せは、私がそれが無いから
あまりよく分からないですが、
私はそれが全く良いものでも、自分を幸せにするものでも無いと
分かっていて、

私は、その人それぞれに尊敬する箇所を感じて、
本当に凄いなぁって思っているのです。

私は私の人生の中で一生懸命だった所があって、
目の前の人も、その人の人生の中で、一生懸命な所があって、
もしくは、これから一生懸命になる人であって、
全く一緒だと思うのです。うん。本当に。

優越感を感じたい気持ちを否定しているのでは無いんですが、
いつだって、それを持たれる人の気持ちも忘れてはいけないと思うんです。

誰だって、自分と何かを比べて落ち込んだ時があると思うんです。
それが分かるなら、
誰かが悲しくなる様な態度や姿勢を自分がする事は、
やめて欲しいのです。

ふと思い出したのですが、
かつて私は自分をゴミの様な価値の無い人間だと思っていた事があります。
病で動けない時に、ただただ、人に迷惑をかけるだけの存在だと思っていて、
遺書を書いて、そして、これで死ぬ事になっても、迷惑をかけて生き続けるよりも、
ずっと良くて、神様は許してくれるだろうと思った事もあります。

もともと、私は優劣でいうと、
自分は劣の塊だと思っていて、
今も、その感覚は残っていて、
多分、無くならないと思うんです。

私の方がずっと、皆さんの事を凄いと思ってるんですよ。
066_20190121142210b02.jpg
クリックでページに飛びます(照)
(常時受付)明石・歓音セラピー受付してます♪
主催者さん募集中です。
京都・歓音セラピー受付してます♪
東京・歓音セラピー受付してます♪
広島・歓音セラピー受付してます♪
神奈川・歓音セラピー受付してます♪
岡山・歓音セラピー受付してます♪
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)