今日のニュース。

私は今日の新聞で、ガンの新薬が一回5000万円というのを
見ました。

癌の治療を受けている方は、まずは色々治療をされて、
自分で善いと思う保険のかからない療法も取り入れている方は
多いと思うのです。

そこから、5000万円というは、一般の方にとって
払える値段なんでしょうか。

私自身は末期がんの方々の、保険の使えない治療方法を、
払えるお金が無いという理由でおきらめる方を見てきました。
物凄く高額なんですね。それは。

私はこれから、タイ旅行の中、カンボジアという国にも観光に行きますが、
カンボジアへのお土産として(お世話になるガイドさんに考えていました)
甘いものは、むし歯になっても、歯医者の治療が出来ない方がいるからやめた方がいいという記事を見て、
日本では考えない事だなぁと思っていたのです。

私自身は、日本での色々な治療に恵まれてきたと思うのです。
高いからあきらめる。という選択をした事がないのです。
支払える範囲で最善の治療を受ける事ができたのです。
両親にとても感謝しています。

だからこそ、医療の平等を願ってなりません。

両目の一回のお薬に1億のがあるとも新聞には書いてあり、
その薬を開発するのにかかった労力とお金からは、
仕方のない算出かもしれないですが、

基本的に、重度の病の人はその時、さらには、もっと前から
働く事ができない事が多く、

希望を持てる治療を、高額がゆえに、それを受けたいと言えない状況というのは、
どんなに切ないかと思うんですよ。

私もかつて失明の危険を言われた事があり、
こっそり泣いていた時があります。
その時には最新の治療法を調べたものです。

それが1億なら私には支払いが出来ないです。

そういう想いが無くなる世になって欲しいです。

今回、私はタイ旅行に行くにあたって、いつもお世話になっている
かかりつけの兵庫県で良いと有名な眼科(自宅近くにある)に
相談に行きました。

ヤマ子 「タイに旅行に行くのですが、眼内レンズが取れて、
目が見えなくなった時は、すぐに帰国しないといけないですか?」

私は以前にも1度、眼内レンズがとれて片目が見えなくなり、
手術で治して貰った事があるのです。

医師 「ふんふん、大丈夫YO♪
見えなくなるだけだから(笑)

ヤマ子 「そのまま数日ほうっておいても、その後の視力とかに問題は無いですか?」

医師 「全然問題ないね♪レンズがとれちゃってるから。
それよりもズレてる方が問題。」

ヤマ子は眼内レンズがずれた場合は自分で戻せるのです(照)

医師 「全然心配ないですね(*^^*)」←いつもそんな事はどうって事ないという言い方の先生♪

ヤマ子 「わかりました。ありがとうございます(*^^*)」

・・・私のかかりつけの眼科のお医者さんは、個性がとても良いです(笑)
患部の写真を見る時は、人の目ってこんなに大きく開くんだという位
目を開いて凝視してシッカリ診てくれるお医者さんなんですよ(*^^*)

タイ在住の友人から、日本から持ってきて欲しいリクエストがこちら↓
021_20190221141037c70.jpg
日本からお土産は何がいいですか?と聞いたら、
鍋つかみでした。

どちらも想定外です(笑)

思い切って何が欲しいか聞いてみて良かったと思います(照)

クリックでページに飛びます(照)
(常時受付)明石・歓音セラピー受付してます♪
主催者さん募集中です。
神奈川・歓音セラピー受付してます♪
岡山・歓音セラピー受付してます♪
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)