ほんのたま~にある事。

私の師匠はこの方で↓凄い法力僧でした。
blog_import_500474249ed24.jpg
法力とは霊能力とは違い、自分以外の存在の加護の中使える力という
私はイメージを持っていて、修行(覚悟と精進)によってその器を得るものだと私は捉えています。

法力の種類を六神通と言います。
法力と神通力は同意語です。
六神通とは

おっしょうさん(師匠)は、よく「法力もっと欲しいな。」と
よく言っていて、いつまでも、自分を高めようとする人でした。

私は生れもって、そういう体質ですが、更に現実的に使える様に
おっしょうさんに指南して貰ったのです。
私は、私を救ってくれたお医者さんみたいな人になりたくて、
自分の特色を生かして
尊敬する医師みたいになるべく僧侶になったのです。

おっしょうさんは私に早く神足通を得て、
色んな所に不思議に出現して、人の力になる所を見たいと言っていました。
神足通=簡単に説明すると、肉体から自分の魂を飛ばして、
自由自在にあらゆる所に出現するという、非日常的な現象です。
これをすると、自分が現在いる場所では無い所で自分の目撃証言を頂けます。

そんな私は、やはり体質的なもので、ほんのたま~に起きる事があります。
突然聞こえるのです。
空中から「ついてきちゃった。」BY 亡者(一般的には霊と呼ぶものです)

ヤマ 「えッ!? ついてきちゃったじゃねーよ。」
毅然とした態度が大事。言葉遣いが悪いのはワザとです。
生きている人もそうでない人も、冷たくて相手にしてくれない人からは離れるのです。

ヤマ 「いや、帰れ。(即答)」
そして、アレして(行者の技)追い払う訳ですが
(相手にしているとキリがないからです)

いつも思うんですよ(照)
一瞬乙女らしく焦るのですが、
考えると私がそういう依頼も受ける僧侶なので、
私がなんとかする側なんですね。

一応、「なんかついてきたって(汗)」仲間に電話したりしてみても
「貴方、自分で出来るじゃない、相手にしてたらキリがないよ。」
という連れない返事を貰ったりして、

修行中は、一日にもう数えきれない位、私に憑依するものがあったので、
一日の終わりにまとめて、おっしょうさんにとって貰っていたのです。
その内に、自分で出来る様になり、
今はほとんどそういう事は無いのですが、

たま~にあるのです。

修行して心得のある私のやり方で、
色んなケースがありますから、安易に真似はしないで下さいね。

そして、こんな話の土台の上で、次回
「タイの神様からの贈り物」という話をしたいと思います。

★私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↓
4月1日渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio
主催者さん募集中です。
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)