天国に咲く花②

共通の友人が夢の中で見た、Tさんが持っていた鉢植えの入った
大きな箱を開けると、そこには、
クチナシの鉢植えがありました。
純白の白い花が咲き、とても濃い甘い良い香りがしました。
※右端に居るのはうちのワンちゃんです。
029_20190613142827b14.jpg
027_2019061314282581d.jpg
共通の友人はお花の名前を間違えて私達に知らせていたんですね。

そして、クチナシの花言葉を調べてみると、
「私は幸せ者 とても幸せです 
喜びを運ぶ 胸に秘めた愛 優雅 洗練 清潔」


そして、日本では極楽といえば、蓮の花ですが、
西洋では「天国に咲く花」と呼ばれて、
幸せを運ぶ花と言われているそうなのです。

ヤマ子 「Tさんにピッタリ」
ママ 「Tさんにピッタリ、、、これを見てとても安心したわ。。。
Tさんが、持たされたんじゃなくて、心の世界でTさんはこんな風に思って、
この花を持って現れてくれたんやわ。。。
すごく嬉しい。。。」


ヤマ子 「急にそんな事言うんやね(笑)そんな事、普段言わないやん(笑)」
ママ 「(笑)」←感慨深そうに

この話の10日程前、庭にあった中くらいの木がどんどん伸びて、
根っこから抜いたんですね。そこにちょうど、空いているスペースが出来ていたので、
そこにいずれ植え替える事にしました。

・・・そして、日本なのに、なんで蓮の花では無いんだろうと私は思い、
蓮の花の花言葉を調べると、
「清らかな心 休養 神聖 雄弁 沈着 離れゆく愛 救って下さい」という、
泥水の中で美しく咲く花に例えた、悟りの世界的、仏教の考えが濃いものでした。

クチナシの花言葉って私は初めて知りましたが、
今、とても嬉しく感じています。
Tさんは一度、私の所に来てくれたから、この花が
本当にそういう意味を持つって分かるんです。
たくさん蕾がついている鉢植えなんですよ(*^^*)
009_20190618104017941.jpg
人は亡くなっても、心は繋がっていて、
想い合う心も続いていくという事を、
こうやって感じていく事ができるのは、嬉しい事だと私は感じています。

こうして、知人の夢で、持っていたお花が私の家に来る流れも、
Tさんの計らいでしょうか。

Tさん、ありがとう。

★私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↓
4月1日渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio
主催者さん募集中です。
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)