尼さん♪ タイ旅行記 ドアの外②

この記事のつづきのお話です(*^^*)↓
尼さん♪ タイ旅行記 ドアの外①

そして、ドアの外で子供の足音がした次の日も
同じホテルで寝ていたら、
やはり同じ深夜3時

子供の足音で目が覚めたのです。
今度は、ドアのすぐ外から、通路側ではなくて、
非常階段ルートの方で、規則正しく、8歩程歩いては戻って、
私に出てくる様に誘っているんですね。
bvbn.png

bvbn - コピー

ルートを変えても私は出ないです。(汗)
修行中、24時間気の休まる時間の無い時を過ごした経験がもう超大変だったので(汗)
ちゃんと線引きしています。

そして疲れているのもあって、寝ました。

その次の日、私は日本へ帰る日で、
出発する電車に合わせてアラームを合わせていました。

そして、アラームが鳴って、止めて、そして、、、、
最終日の疲れがどっと出たのか、ふわっと
すぅーっっと二度寝をしそうになった瞬間

ドアのすぐ外から声がしました。大人の女性の綺麗な声です。
異国の言葉で、ドアの外で一緒にいる子供に
言い聞かせて制止する様に何か話していて、
それは何を言っているのか分からなかったんですが、

突然、ママは私の名前を大きく叫んで起こしてくれたのです。
『YAMAKO!!!』

それでハッとなって目が覚めて、急いで支度をして電車に乗って、
無事に飛行機に乗れたのですが、
(※この時間に目を覚ましていないと
想定以上に時間がかかり、間に合わなかったのです。)

私は、幽霊といわれる存在に起こして貰って、
間に合った訳です。
ドアを出る時に誰もいないですが
『ありがとう!』って言いました。

夜中に足音をたてていたお子様にはママがいて、
お子様はまだ私に何かをして欲しそうだったんですが、
ママはそれを止めて、私を起こしてくれたのです。

・・・なにコレ・・
親切やん。。。

私は思ったんですよ、経験上の思い込みとか、
頑なになってそれを曲げないとか、
それはそうって決めつけている事とか、
その上で悪く思い続ける事って、
人として大切な事を見落とす事があるなって。

幽霊といえど、生身が無いだけで気持ちは同じなんですよね。

怖い話や良い話、色々ありますが、
思い遣りを持つ話も実は沢山あるんですよね。

私は子供を無視したのに、そのママは
私が寝坊するのを助けてくれたんですよ。
そんな話でした。

クリックでページに飛びます(照)
(常時受付)明石・歓音セラピー受付してます♪
主催者さん募集中です。
神戸・大阪歓音セラピー受付してます。
神奈川・歓音セラピー受付してます。
岡山・歓音セラピー受付してます。
広島・歓音セラピー受付してます。
名古屋・歓音セラピー受付してます。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio

(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)