尼さんスイス旅行記③ チューリッヒを散策

スイスに到着してから、
友人にチューリッヒを案内して貰いました♪
IMG_4832.jpg
建物と人の対比がとても西洋らしくって素敵です♪
チューリッヒの湖、スイスは陸に囲まれて海は無いのですが、
湖は広く大きく海と勘違いしてしまいそうな大きさなんですよ
IMG_4836.jpg
鳥が一杯♪可愛いかったです♪♪♪
IMG_4841.jpg
IMG_4844.jpg
IMG_4838.jpg
友人のお子様達↓
IMG_4835.jpg
友人は日本人向けガイドブックを購入してくれていて、
色々調べてくれていて、
旅の醍醐味というのは、私は個人的に想う事ですが、
人との関わりも本当に素敵だと思うのです。

友人のお子様達も本当に可愛くて、
右も左も分からない私を、子供なりにナビゲートしてくれて、
人生のモテ期を今使ってる感を感じました(笑)
IMG_4850.jpg
私の人としてしたい事っていうのは、何か、
肩書きとか、人生のこれまでは関係なく、
ゆっくり本をめくる様に分かってくる様な日々でしたよ。

チューリッヒの風景は、テレビで観ていた
ヨーロッパの風景そのもので、アジアン要素は全く無く、
建物は一つ一つ本当にロマンチックな造りで壮大で、
歩くだけで、映画の中にいる様な気持ちになったのです。
IMG_4862.jpg
ただ、この初日は、この日にコロナの件で前半1週間と後半1週間の予定を
逆転すると決めたので、
スイスの常識や交通や、チケットの買い方を覚えるので、
頭の中は必死だったのです(笑)
IMG_4858.jpg
行った事の無い土地というのは、日本であっても
外国であっても、要領は分からないもので、
スイスには、乗り越しをすると問答無用で罰金1万円という
日本には無い恐怖があり、ドキドキしました(笑)
そしてこの2日後、一人で乗っている時に、
乗り越しチケットチェックに引っかかり
寿命が縮まる想いをしたのです(また書きます)

電車に乗って感じた事は、スイス人が乗っている時の雰囲気は、
日本の様な緩さはなく、キリッとしているという印象です(友人曰く罰金の為)
そして、ワンちゃんは全ての犬がドッグトレーナーにしっかり教育を受けていて、
スイスで出会った全ての犬がまるで日本の盲導犬の様な
賢い姿に私には見えました。
その代わりに、犬にも色んな権利が与えられている、という印象です。
IMG_4889.jpg
噴水から、直接飲んだり、もっているボトルに水を入れて飲む事は、
スイス人の日常で、
IMG_4847.jpg
とっても美味しいお水で、アルプスの源泉や地下水だそうで、
私は沢山頂きましたよ♪♪♪

教会の中は撮影禁止ですが、とても壮大な造りで広く、
人が神様を感じて想い作る造形の
美しさに見惚れました。
IMG_4857.jpg
壮大に作るのは、言葉が分からない人にも、神様の偉大さ、
寛大さ、お話(絵画などで)が分かる様にと聞いた事がありますが、
素晴らしい装飾品や彫刻を見て、
私はいつも不思議に思うのです。
信仰心というものが、
私は信仰心から僧侶になったタイプでは無いので、
祈る人という姿に見入ってしまうのです。

そして、いつも思う事ですが、素晴らしい絵画はほぼ裸的なものも多く、
その描かれている本人はもっと服を着せて描いて欲しかったのではと(照)
そんな事を思う、日本の僧侶の私です(照)

私は現実主義の目線なので、
その辺り、わぁ~凄いと思いながら、
同時に思ってしまうんですが、素晴らしかったですよ。

祈りの椅子に座りながら、西洋式の祈りの手で、
色々と祈ってきました。
教会って綺麗で好きです。

私に話しかける神様が、私にこの人を見習う様にという言う方々は、
人を大切に想い大事にする人なんですよ、
人の喜びを自分の事の様に喜び、
人の悲しみを自分の事の様に悲しむ
人への敬愛を持ち続けていて、
そして、その方々の事を神様はとても愛していて、
私はそういう風な人には、どうしたらなれるんだろうって
よく思うんですよ。

人として私もその方々の事を本当に素敵だなって思ってるんですよ。

クリックでページに飛びます(照)
(新型肺炎により受付停止中)明石・歓音セラピー受付してます♪
主催者さん募集中です。
岡山・歓音セラピー受付してます。
神奈川・歓音セラピー受付してます。
千葉・歓音セラピー受付してます。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio

(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)