スイスで聞こえた声の話。

私は今年の初めにスイス旅行をしてきました。
その時の話をしたいと思います。
普段なら、スイス旅行記を書くんですが、
今は不謹慎な気がして、控えています。

今回はちょっと不思議なお話を。
スイス旅中、私は友人宅のお子様のお部屋を借りて
そこで寝ていました。
ある早い朝方、私はふっと自分の体質的なもので、
見えない世界の声が聞こえだしたんですね。
こういう時は自分からリンクする状態になるので、
周り(見えない世界の方々)は私に気づいていない事が多いです。

この間、私の身体は金縛りでは無いんですが、
足がしびれた感覚が全身に回った様に動かしにくくなります。
日本でもこういう状態はたまーになるんですが、
スイスでのこの状態の時、

ふんわりと静電気の塊に包まれる様な感じで、
全く怖くなく、耳をすませてみたのです。
すると、

コショコショと囁く様に3,4人の方々が集まって会話する気配が、
凄く遠い距離の感じに四方にして、

yuiyhuiyhiuy.png
それはとっても、品が良い会話の雰囲気で、
西洋のマダム的なイメージなんですね、
ですが、子供か大人かは分からないのです。

そして多分ドイツ語だったので、何を話しているのか全く分かりませんでした。
フランス語かもしれないです。
西洋の言葉でした。
スイスは色んな言語が混在する国なのです。

そして私はふっと身体が楽になり起き上がり、
思いました。

『魂も国が違い、宗教、生死感が違うと、こんな風な感じなのね。』

この話をスイス在住の友人にしたら、
友人いわく、スイスも心霊的話はあるそうですが、
宗教観の違いなんでしょうね、って言っていました。
私は去年、タイ旅行をしたのですが、
タイではとてもタイっぽかったのです。

その時の話はこの記事に書いています↓
クリックすると見れます
尼さん♪タイ旅行記 異国の霊の言語

西洋って、天使の存在って凄くあるじゃないですか、
絵画とか、聖書にも、
私はスイスでこの経験をしてから、
非常に納得する事なんですが、

私の様な経験をした人が、話をしている存在を
天使って思う事はあるだろうなって思ったんですよ。
私は、修行して多くの経験から色々判断する事ができる方なんですが、
私が聞いた声の主達は(亡き)人だと思います。

ですが楽しそうに品よくおしゃべりしている声を、天使だと思った人がいた可能性は、
不自然ではないと私は思うのです。

スイスという壮大で雄大な風景の中で、生活をしていると、
IMG_5424.jpg
日本の様な心霊や怪談って発生しにくい様に思いました。

修行中、師と私で話をしている時、
見えない世界の方々が凄く集まって
私達の会話を聞いている事があったんですが、
その見えない世界の方の中に羽が生えた人がいて、
師は聞きました。

『それ、コスプレですよね?』

見えない世界の方(神様のひとり)はうなずいたのです。

なんで羽のコスプレをしているのか理由までは聞きませんでしたが、
生きている人の期待に応えているのではないかと私は思っています。

天使という存在が西洋に多い理由が分かった気がした
私の体験の話でした(照)

この記事は私の個人的な言葉として読んで下さいね(*^^*)
どの信仰心も否定する気持ちは無いのです。
それはをれを持つ方にとって大事なものだと分かっているのです。

クリックでページに飛びます(照)
(新型肺炎により受付停止中)明石・歓音セラピー受付してます♪
主催者さん募集中です。
千葉・歓音セラピー受付してます。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio(新型肺炎の休業要請により休店中)

(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)