頭の無い男性①(怖い話です)

私の人生の中には、とても怖い霊体験もあります。
この記事は怖い話なので、苦手な方は読まないで下さいね、
そういうものを話す事はほとんど無いのですが、

ちょっとだけ紐解けているので、
怖いながらも怖がらせるだけの話でも無いと
私がふと思い、書いてみる事にしました。

これは随分前の話で、
私は仕事であるホテルのシングルルームに一人で一泊したのです。
一生懸命に働いて、その日はヘトヘトでした。

私が泊まっていたホテルは、
ベッドとお風呂とトイレ付きのシンプルなお部屋でした。

私は、いつもの様に、さっとシャワーを浴びて寝ました。
夜、トイレに目が覚めたのです。
部屋の電気が着いていて、あれと思いました。

着けたままだったかな?と思いながら起き上がると、
ベッドの足元の床(私の足元)に、
23歳~26歳位の細身の男性が、
カジュアルな今風の半袖の黒線の細いチェック柄の白シャツに、
濃いベージュのチノパンの洋服で床に寝そべって、
本を読んでいるのです。

ですが、頭が無いのです。
首の付け根は、指や足を切断した方が治した痕の様な、
痕があるつるんとした感じで、

私がまばたきをした次の瞬間、
頭があるのです。
短髪で、とてもおしゃれに気を遣っている様な髪型で、
ジェルかワックスか、私はその辺りは詳しくないのですが、
何かの整髪料を全体につけていて、
計算された髪の動きがあって、綺麗にセットされていました。

男性はこっちを寝ころびながら見ていて目が合いました。

私は、部屋に不審者がいるのは分かるのですが、
生きている人では無いというのも分かりました。
この男性は透明感は無く、生きている人がそこにいる様に
見えていました。

ヤマ 『あなた誰?』
(内心、今、頭無かったけど・・・)

男性 『聞かない方がいいよ。』
(無表情)

私は行者さんなので、超危険は分かると自覚しています。
ですが、この時、それ程でも無い感がして、
そのままトイレに行きました。

トイレに入るとすぐに、外側からドアノブがガチャガチャと回されました。
ドアの外側すぐの所に先ほどの男性が立っていて、
男性がトイレのドアを開けようとしているんですよ。
ドアの通風孔から、ハッキリと男性の姿が見えていて、

その様子は恐怖。というビジュアルであり、
怖いというレベルではない怖さ。
全身の細胞がこのビジュアルを現実ではないと思いたくて引いていて(汗)
ヤバいとは正にこの状況。

しかも、ドアの鍵はドアチェーンが着いていて、
私は無意識にその鍵をかけていたんですが、
そのチェーン分、ドアが開いて、必死に開けようとしていて、
この延長線上本当にヤバい。
と全身の血の気が引いていきました。

でも何故か、そこから手や顔を出す事はなく、
いつ、手を伸ばしてくるかと思ったんですが、
ガチャガチャと激しく開け閉めだけで、

すると、部屋の入口のドアの外から、
誰かがこちらに向かって呼ぶ声が聞こえたのです。
ドアのガチャガチャ音が大きくて、なんて言ったのかは分からないのですが、

誰かの声 『〇〇〇ー!』(3文字なのは分かる)

その瞬間男性は消え、
私は助かったと思いました。

私は、そのまま疲れ切っていたので、
ベッドに戻り、即寝しました。

朝起きて思いました。
シングルルームで、入り口のドアはカードキーなのに、
トイレの鍵はドアチェーンって変だなと、

こういう経験をした時、誰かーって思い、誰かに相談したいですが、
その適役は、まさかの私の本人なんですよね(笑)
(ここは結構、個人的にもだえる所)
私が行者さんなのです。
私のほとんどは普通の女性ですが、行者さんという一面が・・・。

・・・考えてみました。
私の紐解きはこうです。

つづく。

神様という存在がいて、なぜいるかというと、
その反対側も存在しているのが理由の一つでしょうか。
IMG_9042.jpg
クリックでページに飛びます(照)
★オンライン・歓音セラピー受付してます。
明石・歓音セラピー受付してます♪
主催者さん募集中です。
渋谷にOPEN♪ 保護猫カフェCatio(6/3から予約再開)
(私が絵・文字系をお手伝いして描きました♪↑)
お守りのご紹介です♪郵送可♪
フェイスブックはこちら
インスタグラムはこちら

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ

PC版♪→ 人気ブログランキングへ




コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)