2011-04-06

煎茶手前♪

名古屋で友人達とお茶をした時に、友人の一人がエスプレッソコーヒーを注文しました♪

そのカップの小ささと量の少なさに、ヤマ子ビックリ(笑)


私はドリンクはいつも大きいマグカップ&お寿司用の湯のみで、沢山飲む方なのです(照)


そして、そこから、師匠に煎茶手前を習った時の事を想いだしました(笑)


・・・これはあくまで野性的に生きる私個人の超個人的感想です。参考にはしないで下さい(照)

では、その時の事を師弟の会話で紹介したいと思います♪


師匠 「今日は、煎茶手前を教えるよ、用意するからちょっと待ってな♪」←師匠宅

タンスの奥からゴソゴソと立派な紐でくくられた桐の箱を取り出してくる師匠


ヤマ 「ハイ♪」←お茶は大好き♪


師匠 「色んな場面でな、作法をわきまえていれば、恥かしい思いもしなければ、お、この人は、と

     一目置かれて馬鹿にもされないんだよ。

     所作の美しい人というものを、

     人はな、見ていない様でちゃんと見てるんだよ、だからお前もちゃんと覚えろよ♪」←湯を沸かす師匠


ヤマ 「はい♪」←お抹茶の入れ物と違い、おちょこの様に小さい茶碗が気になるヤマ子←いじっている(笑)

本当におちょこの様に小さいのです。二口、三口程で飲み終わるサイズです。


師匠 「ほら、触るな(笑)まずな、茶瓶の中に、金の片を入れる、これは水の悪汁をとるためだよ」


ヤマ 「カルキが抜けるって事ですか?」←煎茶手前セットは、なんだかままごとセットの様に小さいのです。


師匠 「お湯がまろやかになると覚えとけ(笑)それでな、一番目のお湯は湯さましの入れ物にいれて、

     40~50℃になるまで冷ましてから使う」


ヤマ 「おっしょうさんは、これを誰から習ったんですか?」←冷ましてる間の会話


師匠 「ワシはな、お茶を習いに行ったんだよ(笑)そしたらさ(笑)

    そこの先生は年配の人だったが、もの凄いミニスカートを履いていて、ワシに驚いて、(衣姿だったから)

    教えてる間中、正座すると短か過ぎて上にずれるスカートをしょっちゅう下に下げていて、


    こんな先生に教えられるなんてたまらんと(先生がなっていないから)

    一回行ったきりで、自分で勉強したよ。」←スカートをモジモジと下げる真似をする師匠(笑)


ヤマ 「ぎゃはははは(笑)それは酷い(笑)それは私も嫌ですね(笑)」


師匠 「だろ(笑)ワシもビックリしたわ(笑)

     さて、そろそろいい。湯が冷めたら、きゅうすに入れて、1分蒸す♪」


ヤマ 「はい♪」


師匠 「でな、湯こぼしという入れ物に捨てる。一回目の分は捨てるんだ」


ヤマ 「えっっ!?捨てる?なんでですかっ???」←現代っ子のヤマ子はビックリ(笑)


師匠 「一番美味しいお茶を入れる為だよ、二杯目には熱湯を入れて、頂く♪お茶の味を楽しむというのが

     この煎茶作法なんだよ、だから、これは自分一人でも楽しめる作法なんだ♪」


ヤマ 「へぇ~・・・」←勿体ないとは思っている。お茶の色はでてますし・・・、


師匠 「さ、出来たよ、飲んでみなさい。」←信じられない小さい入れ物に入れられるお茶(笑)


ヤマ 「これは普通に飲んでいいんですか?」←抹茶は作法で、器を見たり回したりがあるので確認。


師匠 「うん、普通に(笑)頂きますと飲みなさい(笑)」


ヤマ 「頂きます。」←ごくん


ヤマ 「マズッッ!!!おっしょうさん、まずいです。草の味がする。」←正直なヤマ子(照)

草の味=そこらへんに生えている草をお湯で溶いた様な味=ヤマ子の舌ではこう感じる味


師匠 「これが煎茶手前の煎茶の味だよ♪」←「お煎茶」と私達が普段頂いているお茶とは違う味がします。


ヤマ 「この味(汗)、これだけ手間をかけて、こういうお茶を飲む意味が分かりません。」←引いてる。


師匠 「ははは(笑)これは作法だから、こうやって、お茶を飲んだ後は茶碗を伏せて置くんだよ、」


こうです↓器をひっくり返すのです(汗)


行者街道まっしぐら

ヤマ 「昔の人はお金と時間があって暇だったんですね・・・」←完全に引いているヤマ子

煎茶手前セットは結構な値段がします。


師匠 「そう言うな(笑)作法を覚えておいて、そういう場面が来た時に美しい所作が出来たら、感心されるぞ♪」


ヤマ 「・・・そんな場面なんて来ないですよ(汗)」←引いてる(笑)←教えて貰っている癖に失礼極まりない弟子


師匠 「あ、そうそう、お菓子はお茶を飲む前に食べるんだよ、ノートに書いておいてやろう、」


師匠が書いてくれたもの↓
行者街道まっしぐら
私も一応ノートに書きながら習ってはいたのですが、

左側が私の文字です↓(照)・・・多分生涯、お茶は普通に飲みたいです(照)
行者街道まっしぐら

私は、ラフが好きです(照)飾らないのが好きです(照)たまに本当になんでこんな色々と教えてくれる師匠に、

それに興味が無い弟子の私がついたのか、とても不思議に思う時があるのです(笑)


今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. でもちゃんと覚えてはる。

これだけ鮮明に覚えてはるということは・・・

お師匠さんの教えは ヤマさんにちゃんと受け継がれているということですね~(笑)

2. こんばんわ♪

自分もラフが一番だと思っています♪

自分なりの普通でやることが一番です!

料理作法も作法より料理を楽しんでくれた方が造った料理人も嬉しいですから♪

でも作法は確かに美しいと自分も思います♪

せめて知識としてはいれて置くのも良いと思いますよ!

じゃないと慌てることになりますよ!

…自分も使うことはないと思っていましたが、

慌てた経験ありますから(笑)

若き日の思い出です(-.-;)

3. こんにちは。あ、もうこんばんはかなー。

お師匠さんとヤマさん。会話が聞こえて来そうなくらいの臨場感があります。テレビの再現VTRにしてほしいです。笑。 でも演じる役者さんの選考が難しいわー。でもいつも思うのは『お師匠さんもヤマさんもヤマ子さんも だいすき !』ですー。

4. ヤマです♪

敦さん
・・・不思議と覚えているのです(照)
ノートに触るとその場面を鮮明に想いだすんですよ♪
ただ、煎茶手前をするかしないかというと、
しないと思います(照)

砂糖さん
うん、その通りですね(照)
知識として知っていて、本当に良いものだとは
感じています。

葉子さん
私は物凄く覚えているのです(照)
そして、私を好きだと思ってくれて
とても嬉しいです(照)(照)(照)
プロフィール

ヤマ 行者です♪

Author:ヤマ 行者です♪
相談専門の僧侶(尼さん)です。
師匠達に恥じない生き方をしたいと思います。
愛する殿方と出会えます様に♪

私がどういう系の
行者(僧侶)かはブログの
最初の方を見て頂ければ
分かって頂けると思います(照)
なれそめはこちら

修行で得た感覚を使い、
見えない世界のメッセージを
お伝えさせて頂く
セラピーをさせて頂きます♪

クリックして下さいね↓
歓音セラピー

頂いた感想です

私の作るお守りの紹介です

主催者募集

フェイスブックです♪
ツイッターです♪

お話をさせて貰いながら、人生を更に開いていく
★羽の会

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
44位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR