雷と木の命

行者街道まっしぐら-110425_105004.jpg

行者街道まっしぐら-110425_104726.jpg

行者街道まっしぐら-110425_104833.jpg

行者街道まっしぐら-110425_1129341.jpg

今朝、雷が近く落ち、私は地面に着く白い柱状の光りを見ました。

激しい地響きと共に、白龍が来たみたいでした。

今、私の居るロッジの傍は杉林で、その中の一本に落ちたのです。

杉の木は裂けてバラバラになり道を塞ぎました。

私はその片付けを手伝ったのですが、

沢山の中の、何故にこの一本に、
そしてこの杉の木は、何故自分にと思うのでしょうか、

植物にも心があるといいますが、それなら、
周りの仲間も突然、仲間を失いショックなのでしょうか、、

と思いながらバラバラになった杉の木からは、
最高に良い木の香りがして、

作業している人の心を癒したのです。

そして危うく、この雷に数分の差で巻き込まれなかった方は、

傘を持たずに出た仲間の為に、傘を取りに戻った時差があったので、
助かったのです。

なんとも、私の心に留まる出来事です。

真理や道理というのが、
ここに居ると、話しだけではない、
体感として、とても身近に感じてくる時があります。

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ



コメント

1. 体感として

名古屋も今日は気持ち良い晴れと天気予報では言っていたのに朝から雷突風、先ほども突然の雷で空が暗くなりました。嵐な空です。

2. こんばんわ♪

多分、木々が人を助けてくれたのですよ!

木々の優しさや愛は無条件のものですから♪

そんな木々に人は労りと感謝を贈らなくてはいけないのです!

雷を受けてくれた木に感謝ですm(_ _)m

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)