行者街道まっしぐら-110504_111126.jpg

行者街道まっしぐら-110504_093126.jpg

こうゆう大自然の中ですから、
蛇が居ます。

私は蛇の肉はどんな味だろうと思いました(笑)

ここでは蛇はウナギとか穴子みたいに見えます♪

蛇は簡単に殺すといけないと師匠から聞いているのですが、

アジアには盛んに食べられている地域があり、
それはどうなってるのか気になります(謎)。

蛇の祟り、という話しを私は聞いた事があって、

ある蛇を殺したある家系は以来、
唇が蛇の様に爬虫類的な奇形で生まれるのです。

それを神様に許しを請い、許して貰い、
以来その奇形で生まれるのは止まったという話しです。

というのを、
「私の唇はそれでこうなったのです」と、
私は本人から聞いたので、

私は怖い方の日本昔話しを聞いてる気分になったのです(汗)

私は詳しくは聞きませんでしたが、
多分、聖域に棲む崇高な魂を持つ
蛇を殺してしまったのだろうと思います。

動物も目をよく見れば、
とても崇高な魂を持つ動物が居ると、
私は感じています。

行者をしていると日本昔話みたいな本当を聞く時があります。

あんなのは全部、「良い生き方をする為に子供に教える」
作り話しと思っていましたが(汗)

結構そうでもないです。

今日も読みましたよ♪

応援クリック嬉しいです♪携帯版→人気ブログランキングへ
PC版♪→ 人気ブログランキングへ


コメント

1. ふぅむ(驚)

ヤマさんから直々に、そのような実例を聞くと、言い伝えはバカにしてはいけないと考えさせられますね。

やっぱり怖いっ(笑)。

2. ヤマです♪

>よよよっちん、さん
なにげに日本昔話しはリアルを含んでます(汗)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)